錬金

進化とは「パンドラの箱」を開けること

1978年にタイムスリップした俺は、西島和彦のマンションに居候することになった。都心の高級マンションの最上階、3LDK。西島は俺に熱く語った。「コンピューターは人間の考える能力を奪う? どアホ! 逆や! コンピューターが進化すれば人間は考えることだけに専念できるんや! 豊かな人生を好きなだけ楽しめる。遊ぶことだけ考えてて、ええ未来になる」
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!話題沸騰の書籍『錬金』を特別掲載いたします。

コンピューターが作る“豊かな人生”

 1978年に来た俺は、まず住まいを決めないといけなかった。

 いつまで滞在できるかわからないとしても、手持ちの金では安ホテルに10日ほど泊まるのがギリギリになりそうだ。かといって、保証人はいないから、アパートは借りられない。

 行くところがないなと困っていたら、西島が「じゃあしばらく俺のところに住むか?」と言ってくれた。願ってもない話だ。

 それにしても、初対面の男を家に入れて、部屋を提供するというのは、器が大きいというか……神経が太すぎる。というか何も考えていないのだろう。

 西島のマンションは、アーキテクトの会社のある南青山のすぐ近くだった。

 つい最近、早稲田のアパートから引っ越したという。

 行ってみて驚いた。7階建てマンションの最上階。窓の外には東京タワーが見える。3LDKの高級レジデンスだった。「ARCHITECT」の販売好調に加えて、西島家の大蔵省の潤沢なサポートの結果だろう。

「ひと部屋、好きに使うてええで。風呂とか冷蔵庫のモンとかも、勝手に使うてや」

「ありがとう。助かります」

「女が来たときは、その辺で耳栓して寝とってくれ」

「わかりました……」

 俺にあてがわれた部屋は10畳ほど。テレビもベッドもある。居候には充分すぎるほどの部屋だ。本棚には『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の初期の巻が並んでいた。著者名は、秋本治ではなく改名前の山止たつひこだった。

 1978年だなと、あらためて思った。

「おい優作! 熱いうちに飲め」

 と言って西島は、リビングに呼んだ。

 北欧製だというテーブルに、美術館に展示してあるような造形の湯飲みが置いてある。熱々の湯気がたっていた。

「俺は酒が飲めへんねん。お茶でもええやろ」

 意外だった。大酒飲みっぽいけれど、下戸だという。

 酒を飲まないで、常にそのテンションでいられるのはすごいと思った。

「いいですよ。贅沢な酒は、飽きましたから」

「え?」

「いや、何でもないです」

 ひと口、お茶を飲んだ。

「美味い……!」

「せやろ! 深煎りした京都右京の宇治茶や。100グラム1万円ぐらいするで」

「高っ!」

「お前も日本人やったら、茶を勉強せえよ。アメリカ人の女は高いワインより、こっちを飲ませたほうが喜ぶねん」

「そうすか」

 と適当に聞き流して、リビングの壁棚を見た。

 肉筆画にリトグラフ、アーティスティックな写真、茶器に陶芸品など美術品がセンス良く並べられている。西島の趣味者ぶりがうかがえた。

 棚の、手に取りやすい場所には日本語や英語のパソコン書、雑誌がぎっしり並んでいた。

「コンピューター、本当に好きなんですね」

「おお、大好きや。あと50年。いやいや20年せんうちに、先進国全体にパソコン革命が起きる。国内にはまだ8ビットの『TK-80』ぐらいしか家庭用パソコンはないけどな。そのうちSF小説のアンドロイドぐらいのスペックに進化するはずや。やがてパソコンが、世界のインフラの中心になるんや」

「20年か……」

「そや、上の世代のおっちゃんらには、ピンと来うへんみたいやけどな。パソコンって何なん? 何ができるん? って、よう聞かれるけどな。何なん? じゃないねん。何をするのか考える、人間の知能の選択肢を、無限に増やすツールなんや」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HHIKARI7 なるほど。余計な作業がなくなればもっと頭を使うとは盲点だ。剣術も戦がなくなった江戸時代から進化したというしね。 3年以上前 replyretweetfavorite