もし、彼女とまったくの他人として出会っていたら

あなたには、気になる女の子はいませんか? この連載では、読者のみなさんから募集した「気になるあの娘」を、代わりに写真家の青山裕企さんが撮影しにいきます。今回は、『嫌われる勇気』など数々のベストセラーを世に送り出してきたライター・古賀史健さんからのリクエストにお答えし、田中裕子さんを撮影してきました。

彼女を「そういう目」で見たことは一度もないけれど

「はっは〜ん。古賀さんのタイプがわかりましたよ」

はぁっ!? あれは2014年の秋くらいのことだっただろうか。ぼくが会社をつくること、その第一号社員として田中裕子さんを迎え入れることを伝えたところ、ある友人がにやにやしながらそう言った。なんの話か理解するのに、数秒の時間を要した。まったく、なんて阿呆阿呆しい、不埒な輩なんだ。おれは真剣に会社をつくろうとしてるんだぞ。これでもちっぽけながら、人生賭けてんだぞ。それをば、好みのタイプ? なにを言っておるのだ。ぼくはおおいに憤慨し、あいまいな愛想笑いを浮かべつつ、こころの地団駄を踏んだ。

ところが世の中には、フラッチーな輩が大勢いるらしい。その後もいろんな人から「顔採用っすか?」「同じ空間で、あの娘とふたりっきりで働いて、へんな気を起こしませんか?」など、訳のわからない質問を受ける機会が続いた。そうなのか? みんな田中さんのことを、そんな目で見てたのか?

もともとぼくは、仕事上でお目にかかる女性全般を「そういう目」で見ないよう、こころに決めている。若かりし日にそれで痛い目に遭ったこともあるし、いわんや今回、相手は社員である。もっとも大切なビジネスパートナー、と言ってもいい存在である。当然ながら、やる気や能力、人柄だけで判断し、第一号社員としてお誘いした。これまでもこれからも、彼女を「そういう目」で見ることは絶対にないだろう。

けれども一方、ここまで言われる彼女のポテンシャルはすごい。素直に感心する。もはやぼくには彼女を「そういう目」で見る機能が損なわれてしまったものの、まったくの他人としてお会いしたらどう感じたのか。他人の目を借りて覗いてみたい気も、しないではない。

と、青山裕企さんの顔が浮かんだ。

もしも彼女を「青山さんの目」で覗いてみたら、どうなるんだろう? 青山さんのレンズで覗いてみたら、どうなるんだろう?

その答えが、ここに並ぶ写真である。

「なるほど」

多くを語らず、ぼくは唸った。

株式会社バトンズ代表・古賀史健


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
気になるあの娘

青山裕企

気になる女の子はいませんか? たとえば、昨日見かけたカフェの店員さん。恥ずかしくて話しかけられないけれど、あの娘の笑った顔がもっと見たい……。そんなあなたの願いを、写真家の青山裕企さんが叶えてくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hokorin 確かに気になる美女 2ヶ月前 replyretweetfavorite

inoueshinpei 友人のライターが青山裕企さんに撮られている…!https://t.co/WNhwaVJlrR 2ヶ月前 replyretweetfavorite

inoueshinpei 友人のライターが、青山裕企さんに撮られている…! https://t.co/WNhwaVJlrR 2ヶ月前 replyretweetfavorite

yukotyu なんとなんと、青山裕企さんに撮っていただきました…!自分ってこんな顔なんだーほぇー、という不思議な感じと気恥ずかしさでいっぱいです。 2ヶ月前 replyretweetfavorite