ネットがもたらした「二極化」と「勝者総取り」の時代

SNSの時代はすなわち、「モンスターヘッド」の存在感が増す時代でもありました。トップスターが「圧倒的勝者」として君臨する未来がやってくる?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

ロングテールとモンスターヘッド

 『ブロックバスター戦略』の中では、デジタル音楽市場の分析によって「ロングテール」の実態が解き明かされている。

 事実、かつてに比べてリリースされる作品の量は格段に増えた。制作費が安くなったこと、誰もがネットを通して作品を発表できるようになったことで、とても広大なニッチ市場が成立するようになった。ロングテールは確かに長くなった。
 しかし、その先端は極端に細くなり、ロングテールの先っぽは、儲けを生み出すにはほど遠い小規模の売り上げのものが占めるようになった。

 その一方で、SNSが普及したことで「みんなが話題にしている」という状況がもたらす波及力がさらに増した。人々は、周りの人と同じ音楽を聴きたがり、同じ映画を観たがるようになった。エンタテインメント産業における勝者の影響力がより強くなった。
 結果、圧倒的なスケールで成功をおさめるトップスター、いわば「ロングテール」と対極の「モンスターヘッド」の存在感が増した。

(PHOTO:iStock)

 同書の中では、かつて「ロングテール」理論の信奉者だったというグーグル会長のエリック・シュミットの発言が引用されている。

「インターネットはむしろ、これまで以上に大がかりなブロックバスターやブランドの集中化を招くことになるだろう。……人がたくさん集まれば、やはりスーパースターが欲しくなるものだ。今の時代、スーパースターはアメリカにとどまらず、世界のスーパースターになる。つまり、世界的なブランド、世界的な企業、世界的なスポーツ選手、世界的な有名人ということだ」 (アニータ・エルバース『ブロックバスター戦略』東洋経済新報社)

 10年代、グローバルな規模でビジネスを行うIT企業とメディア・コングロマリットは、エンタテインメント産業を一つの方向に向かわせようとしている。それは、いわば「ロングテール」と「モンスターヘッド」が二極化した世界だ。

 リリースされる楽曲、市場に投下される作品の数は指数関数的に増え続ける。その一方で、ごく限られたトップスターが名声を独り占めし、「圧倒的勝者」として君臨する。そんな時代が、この先に訪れようとしている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この20年で「J-POP」はどう変わったのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >「今後、アーティストも英語、現地語でのパフォーマンスや、コミュニケーション能力が求められると思います。インタビューに英語や現地語で対応できなかったら、ニッチなサブカルチャーで終わってしまうんです」  https://t.co/KwkSXtzeby 8ヶ月前 replyretweetfavorite

tks564bys0000 【コラム】 8ヶ月前 replyretweetfavorite

wol564b =コラム= 8ヶ月前 replyretweetfavorite

pek5845 -コラム- 8ヶ月前 replyretweetfavorite