かつて一斉を風靡した「ロングテール理論」のウソ

ストリーミング配信だけに頼らないメガヒットも生まれています。その代表格はアデル。彼女の成功が象徴することとは?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します。

アデルの記録的成功

 ストリーミングサービスへの限定配信のみがヒットの条件になっている、というわけでもない。まったく逆の例もある。

 アデル『25』がその代表だ。ロンドン生まれの歌姫が2015年11月にリリースした3枚目のアルバムは、ポピュラー音楽の歴史に残る記録的なメガヒットを成し遂げた。

(PHOTO: Getty Images)アデル

 『25』は、あえてリリース時点ではアップル・ミュージックやスポティファイなどのストリーミング配信に楽曲を提供せず、従来通りのダウンロード配信とCDのみの形で発売された一枚だ。

 結果、アルバムはリリース初週に全米で338万枚、全英で80万枚を売り上げ、アメリカではイン・シンク『ノー・ストリングス』(2000年)、イギリスではオアシス『ビー・ヒア・ナウ』(1997年)が持っていた数字を上回る、史上最多の初週セールス記録を達成した。
 世界中で同時にリリースされたアルバムは各国でヒットとなり、計32ヵ国でチャート1位となった(ちなみに日本では7位だった)。

 規格外のヒットはその後も続いている。2016年5月には全世界で1800万枚のセールスを達成。その後6月にはようやくストリーミングサービスに解禁され、その再生回数が再びチャート順位を押し上げる形でロングヒットを続けている。

 ここでの重要なポイントは、今の時代も音楽シーンに「スターが生まれている」ということだ。それも、グローバルな規模で圧倒的なスケールの成功をおさめるアーティストが登場している。

 アデルは間違いなくその代表だ。2008年にイギリス最大の音楽授賞式「ブリット・アワード」の批評家賞を受賞し注目を浴びた彼女は、同年にリリースしたデビュー作『19』でそのソウルフルな歌声が絶賛され、若き実力派女性シンガーとしての座を揺るぎないものにする。

 さらに2011年にリリースされた『21』が決定打となった。ファッション性やポップアイコンとしての存在感、セレブスターとしての話題性ではなく、純粋な歌の力だけで支持を広げた。結果、アデルは翌年のグラミー賞の主要3部門を独占。アルバムはロングセールスを続け、その売り上げは全世界で3000万枚となる。

 そんな状況の中、4年ぶりのアルバムとして発表されたのが『25』だった。ドラマティックな楽曲と圧倒的な表現力を持った歌声が、世界中でセンセーションを巻き起こしたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いまや音楽を「売らない」ことが最先端?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

catenazioni |柴那典 @shiba710 |ヒットの崩壊 これはほんとそうだと思う。ネットは棚に制限がないけど、売れ筋以外は研究書庫にあるようなものだ。 https://t.co/RFOGhIJCPE 3ヶ月前 replyretweetfavorite

enter_ment |ヒットの崩壊|柴那典|cakes(ケイクス) https://t.co/6mhyRZyU0J 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sam000urai https://t.co/dU3mgk24kF 4ヶ月前 replyretweetfavorite