金スマの​視聴率を劇的に上げた、ほとんどの男たちが忘れがちなこと

番組を作るうえで、常に重要視される”視聴率”。2001年に『金曜日のスマたちへ』を立ち上げた角田陽一郎さんですが、最初は視聴率の低さに悩まされていました。しかし、とある事実に気付いたことで、視聴率が一変します。その事実とは?
数々のヒット番組を手がけながらも、youtubeを活用した「オトナの!」など、テレビの枠を超えて活躍するバラエティプロデューサーの角田陽一郎さんのバラエティ的コラムです。

視聴率を獲るための秘伝教えます

テレビ番組を作っているときの至上命題、それは視聴率を獲ることです。
視聴率を取らないとどんなにいい番組を作っていても、番組は終わってしまいます。そうならないように僕らは心血を注いで日々番組を作り続けます。
僕が2001年に金スマを立ち上げたとき、最初の1年半はなかなか視聴率に苦労しました。しかしある日、ちょっとした事実に気づいた瞬間、瞬く間に視聴率が上昇したのです。

今回は、そんなとっておきのお話をしたいと思います。

題して、“視聴率を上げるとっておきの秘密”。

“おばちゃん”が見る番組は視聴率が高い。

僕らがよく耳目にする視聴率とは世帯視聴率です。しかしその視聴率は性別と年代別でカテゴリーに分かれても出ています。

 4歳から12歳がC層(チャイルド)
 13歳から19歳がT層(ティーン)
 20歳から34歳が、男性がM1層で、女性がF1層
 35歳から49歳が、男性がM2層で、女性がF2層
 50歳以上が、男性がM3層で、女性がF3層

みなさんもご存知だとは思いますが、日本の高齢社会化にともない、M3、F3が多く、いくらティーン層に受ける番組を作っても、高齢層が見ないと、結局は全体の視聴率が取れないのです。そして特にテレビを見ている方は女性が多いので、必然的に僕らはF2層、F3層に見てもらえる番組を目指します。

F2層、F3層いわゆる“おばちゃん”ですね。いかにおばちゃんに好きになってもらうかで、番組の視聴率は変わるのです。
金スマは、中居正広さんMCの番組です。まさにターゲットは女性。セットの後ろには100人の赤いミニスカートの制服を着た女性がいます。まさに女性が見たくなる番組を作ろうと2001年に立ち上げた番組なのでした。僕は立ち上げの時、チーフディレクターをやっておりました。
視聴率を上げるため、いかにもおばちゃんが好きな企画をやりました。ホスト企画もやりましたし、お掃除企画、安売り企画、ダイエット企画、しかしなかなか視聴率は上がらず、苦戦していたのでした。

「おばちゃんは一体どんな企画だったら見たくなるのだろう?」

そんなことを日々考えて連日遅くまで放送作家やスタッフと企画会議を続けていたのでした。

番組を一変させたスマップのエピソード

そんなある日、悶々とした会議中に、構成作家の鈴木おさむ氏と二人で深夜に雑談していてふとスマップのライブコンサートの話になったのでした。
おさむさんは言いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界はすべてバラエティになる

角田陽一郎

TBSで『明石家さんちゃんねる』『EXILE魂』『金スマ』などのヒット番組を制作しながらも、youtubeを活用した「オトナの!」など、テレビの枠を超えて活躍するバラエティプロデューサーの角田陽一郎さんの連載です。 東京大学で西洋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pWXJy4LiL4znmdK https://t.co/ElaMZeLc9p 1年以上前 replyretweetfavorite

yusuke__0 https://t.co/xuhSBYNSbS https://t.co/xuhSBYNSbS 約2年前 replyretweetfavorite

sakutashiryou |角田陽一郎 @kakuichi41 |世界はすべてバラエティになる (´-`).。oO(ちゃんと名前で呼ぶとかでござるよ。)https://t.co/6cg5YFgJh6 3年弱前 replyretweetfavorite

ChiroShiroi SMAPファンの女性は老いも若きも夢見る乙女wそのとーり😊 あ~SMAP LIVE見たい!!   3年弱前 replyretweetfavorite