心のベストテン

ジャニーズだけじゃない! ボーイズグループ戦国時代

名古屋で絶大な人気を誇るBOYS AND MEN。彼らの熱さは一体どこからきているのでしょうか。さらには実力派のボーイズグループ、w-inds.やBIGBANG、SHINeeについても語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

ヤンキー×宝塚=BOYS AND MEN

大谷ノブ彦(以下、大谷) 今年はいよいよ男性アイドルグループのブームが本格化すると思うんですよ。

柴那典(以下、柴) そういえば、最近いろんな名前を聞くようになりましたね。

大谷 名古屋のボイメン(BOYS AND MEN)は武道館公演が実現しましたからね。東海ではMAGIC☆プリンスというボーイズグループがあって、冠番組まで持っている。福岡でも「九州ボーイズ」というグループのオーディションが開かれてる。

 すごい。ボーイグループが全国でどんどん出てきてるんだ。

大谷 女性ファンの拡散力も大きいんでしょうね。もちろん前から活動していた超特急なんかもどんどん動員を伸ばしてる。

 しかもみんなジャニーズ系以外のグループですね。ジャニーズ事務所って基本的に東京と関西が基盤だから、それ以外の地方からもグループが出てきて、群雄割拠になってきたというか。

大谷 そうそう。男性アイドルの戦国時代がやってきてると思うんですよ。

 このあたりって、大谷さんはどこから気になりはじめたんですか?

大谷 やっぱりまずはボイメンが最初ですね。今も頭一つ抜けた存在になってきてる。

 僕もボイメンを初めて聴いたときは衝撃でしたね。「YAMATO☆Dancing」なんて、最初はのけぞったんだけど、何度か聴いていくうちに「あれ? これはいい曲だぞ……!」って。

 歌詞がいいですよね。「街の噂を独り占め」とか「三倍速で駆け抜けろ」とか、一見、勢いだけで書いているように見えて、実は七五調になっているから、ゴロがいい。

大谷 「GO!! 世侍塾 GO!!(ごーよじじゅくごー)」も最高ですよ。「唯我独尊」とか「疾風怒濤」とか、四字熟語だけで歌詞が成り立ってる。

 ヤンキーが背中に刺繍しそうなタイプの四字熟語ですよね。

大谷 そう! ヤンキーなのがポイントなのよ! だってこの曲を作ったの、氣志團ですからね。歌詞も綾小路翔さんが書いてる。まさに、木更津のヤンキーが名古屋のヤンキーに曲を提供したという。たまんないでしょ。

 最高ですね。

大谷 んで、なぜ彼らがヤンキーかということには、きちんとストーリーがあるんです。

 え、そうなんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chamsaikou 今更この記事読んだけどめっちゃ面白かった!わかる! https://t.co/0vjIFPobLP 3ヶ月前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 面白い。「あくまで僕の定義/サブカルって「あいつらは敵だ」とか「あいつらは俺とは違う」っていう自意識を持った人/逆に「あいつらは仲間」みたいな熱いメンタリティで繋がる自意識の持ち主がヤンキー」 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mi_mychan ボイメン事務所の社長がヤンキーなの初めて知った😳 4ヶ月前 replyretweetfavorite

SHINee___129 https://t.co/dyeV1plHEf 4ヶ月前 replyretweetfavorite