才能とは「集中力」であり「見る目」である

天才になれなかったすべての人へ捧ぐ漫画、『左ききのエレン』。ここには、さまざまなタイプの才能をもった人物が出てきます。『左ききのエレン』にはまっている、メディアアーティスト・大学教員の落合陽一さんと作者のかっぴーさんが、「才能とはなにか」について話し合いました。

才能は、どんな集中力を持っているかで決まる

落合陽一(以下、落合) かっぴーさんは、才能ってなんだと思いますか?

かっぴー 『左ききのエレン』にも書いたのですが、僕は才能は「集中力」だと思っています(19話)。

落合 ああ! あの話、とてもおもしろかったです。「才能とは集中力の質」というのは納得でした。集中に入るのが早いっていうのは重要だなと。

(『左ききのエレン』19話より)

かっぴー 集中力は、「深さ」と「長さ」と「早さ」のかけ合わせでその質が決まる、と考えているんです。「深さ」とは、集中力の強度。LINEの通知が来ても気づかないくらい深く集中できている、とかそういうことです。長さというのは、持続力ですね。早さは、「やるぞ」となったらパッと集中モードに入れること。

落合 登場人物であるコピーライターのみっちゃんは「浅い」×「長い」×「早い」でしたよね。

かっぴー そう、集中力が「浅い」というとよくないように見えますが、このタイプは企業に勤めるクリエイターとしてとても優秀です。一つの作業に入り込みすぎず、要領よく複数のことを同時にこなせるので。マネジメントにも向いています。

落合 僕は「深い」×「長い」×「早い」かなあ。作品をつくるのにはいいのですが、仕事のことを考え出すとほかのことがまったくできなくなるので、日常生活を送るのは困難なタイプ(笑)。

かっぴー その組み合わせだと、そうなりますね。エレンもそのタイプなので、マネージャーのさゆりに支えられながらニューヨークのアトリエにこもっているわけです(笑)。

落合 僕は才能って、「眼がいいこと」だと思ってるんですよ。言い換えると、なにが「エモい」かわかっていること。実際に手を動かす能力よりも、「もっとこうしたらいい」とわかる能力のほうが、コンピュータ時代のクリエイターにとって重要だと思います。

かっぴー 自分で手を動かさなくても、その人は才能があると認められるのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
「21世紀の変人たち」とする「真面目」な話

QREATOR AGENT

レオナルド・ダ・ヴィンチやエジソン、コペルニクス、空海 etc。これまで世の中を変えてきた人たちは、ほとんどが「非常識」な考えを持つ「変人」たちでした。この連載では「21世紀の変人たち(=クリエイター)」に焦点を当て、彼らが何を考えて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

syouit523 すごく興味深い > 8日前 replyretweetfavorite

c_manami_001 おもしろい対談だった。 16日前 replyretweetfavorite

koziseren 文中の「美術展での修練」文章でもできないかなぁ…。 やってみよう。 21日前 replyretweetfavorite

yukikoseno https://t.co/Qz81LHAngK 22日前 replyretweetfavorite