夫婦生活60年、ケンカをせずにいられる方法

今回のパリジャン十色では、道行くカップルに「ケンカをしたとき、どのように仲直りしているのか」をインタビューしてきました。きっとパリジャンならではのケンカの解決法を聞けるかと思いきや、そもそもケンカをしたことがないというご夫婦に出会い……。60年間ケンカをせずにいられる理由とは?

前回のパリジャン十色では、映画『沈黙ーサイレンスー』 を観て感じたことについてお話しました。人と人との「違い」が摩擦を引き起こしていること。また、この摩擦はトランプ政権の移民排除やテロなど、世界で心配される大きな出来事にもつながっていること……。とはいえ、世界の情勢なんて遠い出来事だと感じてしまう方が多いと思います。でもこの「違い」から起きる摩擦は、私たちの身近なところでもたくさん起きていると思うのです。

たとえば、カップル間のケンカ。いくら自分にとって大切で好きな人であっても、違う人間同士です。近くにいるからこそ、ときには摩擦が起きてしまうもの。今回のパリジャン十色では、このカップル間の「摩擦」が起きた時、パリジャンたちはどんな風に対処しているのか、道行くカップル3組にインタビューをしてみました。

笑いで摩擦を乗り越えるカップル

まず最初は、公園で出会った30代の子連れカップル。女の子がお父さんにじゃれている後ろで、妊娠後期と思われるお腹の大きなお母さんがゆっくり歩いている、そんな幸せそうな家族に声をかけてみました。

左から、Annelyse(アネリーズ)さん 34歳 カメラマン、Fantine(ファンティン)ちゃん 7歳、Jean(ジャン)さん 36歳 グラッフィックデザイナー

— 二人でケンカすることはありますか?

そう聞くと、二人の顔はゆるんで笑いが起きました。

ジャン ケンカは結構たくさんしますよ。

— そんな時、どうやって仲直りするんですか?

ジャン 僕は険悪な空気がすごく苦手なんですよ。だから、なんとかジョークを言ってみたり、笑ってしまうようなことをわざとして空気を変えようとしますね。

アネリーズ 私は、状況が変わるのを待つかな……。ちょっと時間を置いて、また話し合うようにしたりという風に。

ジャン ケンカをした時は、話し合うことはとっても大切だと思いますね。

学生時代にパリにある有名な美術大学で知り合ったというお二人。オープンな雰囲気に、こちらまで緊張がゆるんでしまいました。笑いでケンカを乗り越えるというジャンさんらしく、彼が感情を爆発させて怒る姿はまったく想像ができません。結構、フランス人男性はいきなり爆発して一人で怒っていたりする姿を見ることが多いので、ジャンさんのようなタイプはものすごく珍しい例だと思います。

国際カップルの3つのキーワード

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MegumieBoutet 特に今の私には心に響く記事。今迄とは違って30年ぶりの日本人パートナーなのに喧嘩ばかり。自分が人間できていないことを痛感、再認識。猛省なり。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

pansq カップルに大切なのはね、「寛容」「自発」「忍耐」。そして、なによりも分かり合おうとすること- 4ヶ月前 replyretweetfavorite

komachibypass "じつはフランスでは女性に年齢を聞くことは失礼にあたるのですが、記事のためにと、私は毎度取材対象者が女性であっても必ず聞くこと..." https://t.co/T8DALXHcdZ https://t.co/KeeLKMa2GJ #highlite 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 4ヶ月前 replyretweetfavorite