複数愛者は、そうでない人に「手を出す」 べきではない?

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーを実践している人と、そうでない人が付き合うと、後者が苦しむことになるという理由から、「ポリアモリー当事者はポリアモリー当事者同士だけで付き合うべき」という意見を持つ人もいるようです。きのコさんは、どう考えているのでしょうか?

こんにちは、きのコです。

最近はインターネットなどでポリアモリーに関する情報にふれることも多いのですが、そんな中でときどき目にする意見があります。「ポリアモリー当事者はポリアモリー当事者同士だけで付き合うべき」「ポリアモラスな人とモノガマスな人は付き合うべきではない」というものです。

今回はこの意見について、私なりの考えをまとめてみたいと思います。

1度にひとりを好きになる性質「モノガマス」

初めに、言葉の説明をしましょう。モノガマスというのは、1度にひとりを好きになる性質のこと。そして、1度にひとりとお付き合いをするライフスタイルをモノガミーといいます。

私がインターネットで見かけているのは、このようなモノガマスな人と、1度に複数人を好きになる性質をもったポリアモラスな人とがお付き合いをすると、モノガマスな側が苦しむことになる、だから、ポリアモラスな人はモノガマスな人を口説いたりアプローチしたりするべきではない…という主張のようです。

まず、「ポリアモラスな人はモノガマスな人に恋愛的アプローチをするべきではない」が主張される時には、同時に「モノガマスな人はポリアモラスな人に恋愛的アプローチをするべきではない」という主張もされることになると思います。

そしてそのためには前提として、モノガミー当事者であると決め付けられることがなく、ポリアモリー当事者であることが非難されることのない世界、つまりポリアモリーとモノガミーとが倫理的な優劣なく平等に認知されている世界が必要ではないでしょうか。

主張してもしなくても、こうむってしまう不利益

「そもそもポリアモリー当事者であることをオープンにしないと、モノガミー当事者だと思われる」「けれどポリアモリー当事者であることをオープンにすると非難される」という状況で「ポリアモラスな人はモノガマスな人に恋愛的アプローチをしない」というのは、ポリアモラスな側だけに対する制限になってしまいかねません。

これをLGBTの問題になぞらえると、「同性愛者であることを言わないと、異性愛者であると思われ、異性から望まない恋愛的アプローチをされる」「同性愛者であることを言うと、差別やヘイトに晒される」という状況が起こりえる、ということです。

この問題の根本には、あるひとつの価値観だけが世間に認知されている、あるいは正しいとされている、ということがあると思います。

「外国人である」「高齢者である」などの見て分かる違いならまだしも、その人の価値観や性質を外から見てとるのは難しいものです。ポリアモリー当事者であれLGBTであれ、「みずから主張しないとその存在を認知されず『いない』ことにされてしまうけれども、主張することによって別の不利益を被る」という悩ましさがそこにはあるのです。

だからこそ、「他人を見た目で判断しない」という考え方が必要になる……のですが、そうは言っても、自分のなかに根付いている先入観はそもそも自覚することすら簡単ではありません。リアルな意味で「多様性を尊重する」のがいかに困難か、この原稿を書きながらもひしひしと感じます。理想論を語るのは簡単なのですが。

ポリアモリーとモノガミーは対立する?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kinoko1027 #ポリアモリー 約3年前 replyretweetfavorite

kinoko1027 #ポリアモリー 3年以上前 replyretweetfavorite

love31ence 複数恋愛を考えている人は読むと面白いかも。 3年以上前 replyretweetfavorite