​女性用AVは勉強になる

男ならだれでも大好きなアダルトビデオですが、「女性用AV」が存在するのをご存知でしょうか。最近人気が出てきている女性用AV、でも男性のそれとは見られ方がちょっと違うんだとか。今回の「ワイングラスのむこう側」は、男性におすすめする女性用AVの見方について考えます。

「女性用AV」ってどんなもの?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、何かのきっかけで「女性用AV」の話題になりました。そこで考えたいのが「男性は視覚から興奮する」「女性は状況や物語で興奮する」という話です。男性は女性のちょっと恥ずかしがっているしぐさとか、ちらっと見えた肌とかで「うおー!」ってなりますが、女性は夜景が見えるバーで静かな音楽を聴いてとか、困っているときに白馬に乗った男性が来て助けてくれてとかで「きゃー!」ってなるわけです。

でも「女性用AV」というのがあるそうなんです。そしてそれが今、PCやスマホでこっそり見れるから女性にすごく支持されているそうなんです。でも不思議ですよね。女性向けってどういうものなんでしょうか。

カメラが女性の視点で、ずっと男性が画面に出てきて、男性が気持ちよさそうな表情をしたり、男性の筋肉とか胸板とか見せられるのかなと思ったら「そうではない」とのことなので、ちょっとチェックしてみました。

はい。やっぱり予想通りと言いますか、僕らが「早送り」してしまいがちな、導入部分の物語がすごく長いし凝っています。そして「男性ばっかりが出てくるわけ」ではありませんでした。というか画面の中心はやっぱり女性です。これ、おそらく女性は女性がそういうことをして気持ちよさそうな表情をしているのを見ることによって、自分もその画面の中の女性と「同じ感覚」になるのでしょう。

この「女性用AV」の話になったとき、ある女性が「女性用AVって癒されるんです」って言ったんです。ええと、「癒される」って例えば僕の場合だと、飼っている犬の頭を撫でたり、小さい子供がすやすやと幸せそうな表情で寝ているのを見たりすると「癒される」んです。心が落ち着くというか、ほわーんとした感覚です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊2月27日発売です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nishiaratter 今回も面白いです。前から思っていたけど、僕は女性向けAVに共感できるタイプの人かもしれない。→女性用AVは勉強になる|林伸次 @bar_bossa | 29日前 replyretweetfavorite

MizzouYoshiko 現実的にとても役立ちそう&実際にやったら、分析しがいのありそうな内容。 女性用AVは勉強になる|林伸次 @bar_bossa | 29日前 replyretweetfavorite

komarukoune 女性用AVは勉強になる|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 エロは癒しや https://t.co/PYtNct2Eo9 30日前 replyretweetfavorite

SocietalTrends 女性用AVは勉強になる|林伸次 @bar_bossa | 30日前 replyretweetfavorite