第5回】新興ベンチャーも沸騰! 日米“お宝企業”厳選40社

世界では、雨後のたけのこのようにAI関連ベンチャーが誕生している。国内でも、2015年度に100億円以上の投資資金が流入した。沸き立つAIビジネスの最前線を追った。

 日本の深層学習の研究においてトップを走る東京大学の松尾豊研究室。AIを活用したニュースアプリ提供会社Gunosyの中核メンバーらを輩出したことでも知られるが、その“秘蔵っ子”とも称される人物が動きだした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
勝者のAI戦略 人工知能の嘘ホント

週刊ダイヤモンド

人工知能(AI)ブームが到来している。産業のゲームチェンジの“起爆剤”となり得るAIに商機を見いだそうと、大企業からベンチャーまで多種多様な企業が群がっているのだ。実際のところ、AIの技術進化、実用化はどこまで進んだのか。AI産業で覇...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません