第1回】テスラ事故で露呈した自動運転の誤解

AIの実用化において、自動運転は最も市販化が早く、そして期待値が高い技術だ。それだけに、ボタン一つでどこにでも行けるかのような幻想を抱いている人も少なくない。だが、実際は、とても自動運転を名乗れるものではない。期待と現実を混同し、誤解する人々が絶えない構図は、まさに玉石混交のAI社会の縮図といえるだろう。

 そんな誤解の中起きてしまったのが、16年5月に発生した米テスラ・モーターズの自動車の死亡事故だ。ドライバーは、「オートパイロット」と呼ばれる自動運転機能を使用中にトレーラーと衝突。強い逆光でカメラが正常に認識しなかったことが原因だといわれているが、そもそもこのテスラ車自体が、完全な自動運転車ではないという事情がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

勝者のAI戦略 人工知能の嘘ホント

週刊ダイヤモンド

人工知能(AI)ブームが到来している。産業のゲームチェンジの“起爆剤”となり得るAIに商機を見いだそうと、大企業からベンチャーまで多種多様な企業が群がっているのだ。実際のところ、AIの技術進化、実用化はどこまで進んだのか。AI産業で覇...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matomotei ニュースなんかを見てると、産・官(あるいはメディアも)一体となって、自動運転技術と無人運転技術をわざと誤解させているように思える… 3年弱前 replyretweetfavorite