家事は才能が必要だから、私が全部やる

共働き夫婦が多い現代、「家事は平等に分担すべき」という考えが主流になりつつありますが、下田美咲さんは「家事は私がすべてやる」と断言します。それは「女だから」でもなく、「旦那さんとの収入差があるから」でもないのだそう(むしろ、下田さんのほうが旦那さんより稼いでいるそうです)。なぜ、下田さんは家事を分担しないのでしょうか?

「共働き夫婦なら、家事は平等に分担するべき」という主張をする女性は多いし、「どうして女ってだけで、家事をやらなきゃいけないわけ?」という不満の声は、すごくよく耳にする。

その価値観のベースには、去年ヒットしたあのドラマの主人公たちが言っていたような「家事は立派な労働だ」という考えがあるんだろうし、「仕事も家事も両方やるというのはWワークであって、そんなのクタクタすぎて無理だし! お金くれるならやるけど! 女ってだけの理由でやらされるのは不公平でしょ。ただ働きとか、むかつく」みたいなことなのだろう。

私は現在、旦那さんよりもだいぶ高収入だけれども、家事も全部、私がやっている。

旦那さんより稼ぎのいい私が家事をやる理由

2人の生活費は基本、旦那さんのお給料を当てるようにしているけれど、私が稼いだお金に関しても、すべて2人の幸せのためや、2人が不幸を回避するために使おうと思っているので、私の方が数倍速で家のお金を増やし続けていると考えると、わりと養っている側でさえあるのだけれど、掃除・洗濯・炊事の全てを私が1人でやっている。

それは、この先たとえば彼が無職になって、完全に私が彼を養うような状況になったとしても、そうなんだと思う。彼と私の組み合わせの場合、家事は、私がやることになる。

それは私が女だからではない。

彼から「家事をやって」と言われたことは一度もないし、私が一生やらなくても何も言われないだろう。もし、私がずっとやらなかったらそのうち彼がやるとも思う。はけるパンツがなくなったら、洗濯機を回すに決まっているし、使えるお皿がなくなったら、どれか1枚洗うだろう。

なぜ私がすべての家事をやるのかと言えば、そこまで待っていられないから、だ。

家事にはかなりの才能がいる

家事というのは誰でもできることだと思われているけれど、かなり才能がいることだと思う。向き不向きが、すごくある。

仕事と違って、教えてくれる先輩もいなければ最低限のマニュアルもないから、本人のセンスのみとなるため、向いてない人に家事を担当させるとその家は酷いことになる。

子どもの頃、友達の家へ遊びに行って衝撃を受けたことがあった。畳の所々が腐っていて、部屋の中に蟻の巣があり、蟻の行列が普通に行進していた。私からしたら家の中でそれは事件だ。絶対に日常にはなり得ない。でも、その家庭ではそれが問題視されていなくて、セーフの方に入っている。

耐えかねて廊下に出ると、そこには死んだゴキブリが転がっていた。殺したゴキブリは即座に片付けるものだと思っていたけれど、殺したところで完了な家庭も存在するということに、私はかなりのカルチャーショックを受けた。

「価値観の違いとはこのこと」と思い、その日以来、その友人のことを苦手になってしまったほどなのだけども、つまり、向いてない人に家事を担当させるということは、ああいうことなんだろうと思う。彼女のお母さんは、確実に家事が向いていないし、お父さんもそうなのだろう(ただ、2人の相性は良いと言える。夫婦の価値観がかなり似てないと、あの状況は生まれない) 。

もしも旦那さんに家事を任せたら……

家事に対する必要最低限のレベルというのは、かなり個人差がある。私からしたら、使った食器をその日のうちに洗うことや、床に目に見える毛などが落ちていない状態を保つこと、衣類が洗濯機の中で余裕をもってまわれる量のうちに洗濯をすること、浴室で水垢を育てないことなどは、最低限やるべきことだ。そうじゃないと気持ち悪くてその空間に暮らすことがストレスになるのだけど、彼はそうではない。

もし彼に洗濯の係を任せたとしたら、シーツなど一生洗わないような気がする。それは面倒くさいとかではなく、単純に「え? 洗う必要あるの?!」という、適度な洗うタイミングを彼のセンスでは掴めなそうな感じがする。良い匂いがしない寝具など洗い時だ、と私は思うけれど「え? そんなことでもう洗うの?! 臭くはないのに?!」と彼は思うだろう。

家をどのレベルに保ちたいか、という価値観には、かなりの個人差があって、家事というのは、先に「耐えられない」となる方が担当する宿命になっている。女だから、男だから、働いてるから、働いていないから、とかではなく。「これでも平気」「ぜんぜん暮らせる」の範囲が広い人は、基本家事をやらないし、やらせても的確にできない。

婚約中に、彼が一人暮らしを始めた時から、私は彼の家のお風呂掃除をしていたけれど、それは彼のためでもなければ、彼へ向けた「よくできた彼女アピール」でも何でもなく、彼の家によく出入りする者として、自分が使う風呂場として、私が嫌だったからだ。

私が、水垢のついたタイルを踏むのがストレスだから、洗っていた。人の家のお風呂を勝手に洗うことには気が引ける気持ちもあったので、彼が出かけている時などにこっそり洗っていた。水垢を落とさない人は水垢の存在に気づいていない人なので、彼は私が掃除をしていることを一切知らなかったはずだ。感謝されるためにやっていたわけでないので、それでいい。

「私は、こんなにやってるのに!」は言葉足らず過ぎる
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zubutoi_busu 旦那さんと一緒に暮らすつもりはなかった https://t.co/UBQgFJXnBp https://t.co/uc0QNsreNL 子どもを作るのは、人生最強の暇つぶし https://t.co/rKGE6gOYcK 23日前 replyretweetfavorite

km1121_k はーーー、すげぇすっきりした。「ちゃんと報告する」とか全くその通りだと思うわ。ちなみに私は才能無い側。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yuko88551 旦那さんより高収入の私がすべての家事をやる理由 https://t.co/eMlh5sHi3K 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kmt564batsui ≪コラム≫ 旦那さんより高収入の私がすべての家事をやる理由 https://t.co/dXg9UvBu7E 2ヶ月前 replyretweetfavorite