錬金

IT史に名を残す先駆者たちは、みんな社会不適合者だった!?

PCの黎明期にあたる1978年の秋葉原で、のちに偉業を成し遂げる西島和彦と出会った俺は、彼が社長を務める「アーキテクト」のオフィスに招かれた。雑居ビルの一室だったが、大手PCメーカーの担当者たちが盛んに出入りしていた。西島には一緒に起業した仲間が2人いた。これが西島に負けず劣らず個性的なのだった――。
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!話題沸騰の書籍『錬金』を特別掲載いたします。

絶妙のトリオ

 ジョイント・インターナショナルは、秋葉原駅から歩いて10分ほど。大通りからひとつ路地を入った、こぢんまりしたパソコンショップだった。

 店内には雑然とパーツや筐体やケーブルなど、初期のパソコン関連製品が積まれている。

 その店の奥に、簡単な仕切りでつくられたパソコンルームがある。休憩できるテーブルとイスもあり、カップ麺や缶コーヒーの空き缶などが転がっていた。

 1978年の、秋葉原に来るパソコン好きの若者たちのたまり場だ。

「ほんまやて! むっちゃ飛んだんや! 個人飛行に成功したんやで!」

 手首にぐるぐる包帯を巻き、顔中に絆創膏を貼った西島が、得意げに喋っていた。

 その横で、古畑徹が呆れた顔で聞いている。

 ガリガリに痩せているうえに声も小さい。本当にガイコツが喋ってるみたいだ。

「ウソつかないでくださいよ。あんなオモチャで、飛べるわけないでしょ」

「なんで疑うねんな! こんな大ケガこさえて、ウソつくヤツおらんやろ!」

 すぐ後ろで、背中を向けてパソコン作業している成田真子が、冷たく言い放った。

「ケガが個人飛行の証拠になるという論理は通りません。いつものように、お金がらみか女性トラブルでケンカしたか、不注意で階段から落ちたか、いずれかと思われます」

 ロボットのオペレーターみたいな話し方をする女だな。西島は、さらに食ってかかる。

「ちゃうって! ほんまに空を飛んだんや! なあ優作、そやろ!? 鳥のように華麗に、自由自在に1時間ぐらい、すいすい飛んでたやんな!」

「ずいぶん盛りますね……」

 成田がくるっと、こっちを向いた。

 背が高く、丸メガネを掛けた無表情。けれど黒目の大きな瞳と、ノーメークの肌は美しい。きちっと結ばれた赤い唇が凛々しかった。笑えば、米倉涼子似のかなりの美人だろう。

「仮に飛行に成功したとして、自責の負傷であることに変わりはありません。同情の余地なし。業務への差し障りが出ないよう早急に完治されるよう要求します」

 と言い放った。西島はむぐぐと口ごもり、黙ってしまった。

 西島はかなり高いところから落下したというのに、奇跡的に軽傷だった。俺が落下地点に助けに行ったときも、痛がりながら「やった飛んだで!!」と大騒ぎしていた。

 病院に連れて行ったあとに、ジョイントに連れてきた。

 西島が社長の会社、アーキテクトのオフィスは南青山の雑居ビルにあった。そこには四菱電機、北芝、大木電機など国内パソコンメーカーの担当者たちが、商談のために、ひっきりなしに出入りしているという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gakugei_tokuma 堀江貴文さんタイムスリップ青春小説『錬金』発売中。特別無料掲載の第8回更新です。ちは、みんな社会不適合者なのか。実態に迫っていきます。@takapon_jp https://t.co/QXxdiv4zl9 https://t.co/wAdKj1HP4f 3年以上前 replyretweetfavorite