求められていないサービスは、何もしないことより価値がない

なんだか高畑にはぐらかされた百鳥ユウカさん(34)。イイ女は、「基本待ち」というモットーを守っているユウカさんの心には徐々に隙間が生まれてきたようです。LINEのやりとりだけで揺れ動く女心をお伝えします。

3人でのランチが終わると、高畑は3人分の会計を払って店を出た。

店の外で「じゃあ、ぼくらはクリニックに帰るから」といって、高畑は一枚の紙切れを渡してきた。紙にはアルファベッドが羅列していた。

「メアド?」

「そう、ぼくはLINEをやらないから、だから、このGmailに空メールをしてくれたら、連絡先を交換したことになるだろう?」

「う、うん。わかった」

手を振ってクリニックの車に乗り込んだ2人を見送ったユウカは少し落胆していた。連絡先を欲しいと言ったのは向こうなのに、こんなやり方って、ずるいよね。それに空メールを送って、なんか事務的な感じ……。

紙切れをみると「coffeehablack@」って書いてある。ぷっ。

珈琲はブラックって(笑)。高畑の人と為りがよく表れてるメアドだ。

2月の前半は、こんな感じで過ぎていった。

高畑に送ったメールは空メールではなく、件名に「ユウカです」と入れ、本文は「ご馳走様でした。いつもこうやって女性を口説いてるんですか(笑)?」と書いて送った。そうしたら、高畑からは「ははは」とだけ書かれたメールが返信されてきた。なにそれ。

月曜日。週末は店と自宅の往復だけでほとんど外に出てなかったユウカは、気晴らしにジョンの散歩をかってでた。少しは身体を動かさないと。

しかし、なにも考えてないつもりでも、知らぬ間に高畑クリニックの方向へ足が向いてしまう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hitomi_nekosan じわじわおもしろい… だいたいモブと本命の間で1人で揺れる運命のユウカ(笑) 7ヶ月前 replyretweetfavorite

moe_sugano コレは名言デスネ。> 7ヶ月前 replyretweetfavorite

sapporo255 そういえば、「相手の子を好きになりすぎて捨てられるキープくん」というのを思い出した。頑張りすぎちゃうんだよね。 はい。私のことです。泣。 https://t.co/eqTz8Abbpq 7ヶ月前 replyretweetfavorite

sapporo255 https://t.co/eqTz8Abbpq 男女の間はいくつになっても難しいのですね。 7ヶ月前 replyretweetfavorite