日本の警察

第16回】絶対的階級で29万人を統制 〝超〞ピラミッド型の警察組織

絶対的な階級制度で全国29万人の職員を統制する警察組織。あの刑事ドラマの登場人物たちも、そんな独特の階級社会に葛藤し、それが故に「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」といった数々の名言も生まれるのである。

 「本部長のお帰りです」──。ここはある県の警察本部長室があるフロア。居合わせた総務部や警務部の職員たちは、その声が聞こえるやいなや仕事を中断し、直立不動の姿勢を取って姿が見えなくなるまで見送っていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本の警察

週刊ダイヤモンド

警察ドラマは、昔からテレビ番組の人気コンテンツ。しかし、脚色されていたり、設定があり得なかったりと実際とは大きく違う。そこで、警察の実態を徹底解説するとともに、警察が持つ“力”の源泉や“経済力”などを多角的に分析、本当の姿を余すところ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません