心のベストテン

聴いてるだけで、幸せすぎて泣けちゃうような2017年型多幸感とは

東京のアンダーグラウンドシーンから台頭してきたバンド、ハバナイ(Have a Nice Day!)のパフォーマンスに衝撃を受けた大谷ノブ彦さん。彼らの音楽がもたらす厚みのある最新型の多幸感について、そして、アメリカで大ブレイク中の若きラッパー・リルヨッティについてなど、2017年の音楽シーンの行方を占います。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

2017年型の多幸感とは

大谷ノブ彦(以下、大谷) 今回はね、まず「2017年型多幸感」っていう話をしたいんです。

柴那典(以下、柴) え、2017年型多幸感? なんですかそれ?

大谷 こないだ、すごい光景を目撃したんですよ。僕らダイノジでBAYCAMPに出演した時のことなんですけど。

 毎年冬に川崎のクラブチッタでやってるオールナイトのロックフェスですよね。

大谷 そこで終盤にとんでもないのが出てきて全部持っていったんですよ。

 え、誰だろう?

大谷 ハバナイ! 知ってます? Have a Nice Day!っていう。

 あー、ノーチェックでした。

大谷 何がすごいって、お客さんが笑顔で身体をぶつけ合って踊るんですよ。とにかく興奮しちゃって、すさまじい盛り上がりになってて。サウンドはハードコア・エレクトロなんですけど、「幸せすぎて泣く」みたいなムードが生まれてて。

 彼ら、何者なんですか?

大谷 もともとは新宿LOFTを中心に東京アンダーグラウンドシーンで「SCUM PARK」というパーティーをやってきた奴らなんですよ。

 ふむふむ、プロフィールには「リーダーの浅見北斗を中心に活動するジャンク・ディスコ・バンド」ってありますね。NATURE DANGER GANGとかおやすみホログラムと一緒に活躍してきた、と。

大谷 去年にはその浅見北斗さんが仕掛けたフリーパーティーの様子が、カンパニー松尾さんプロデュースで『モッシュピット』というドキュメンタリー映画にもなってて。

 すごい。お客さんが「ライブ中の突き指防止のために手袋してる」って言ってる。これは確かにハードコアだ。

大谷 そうやってずっと作り上げてきたパーティーのスタイルを、「BAYCAMP」のクラブチッタという大箱でやったら、ダイブがあるわ、モッシュがあるわ、ジャンプがあるわのすさまじい盛り上がりになって。

 うわー、これは現場に行かないと何もわからないやつですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

go_orangista_go あのダイノジの大谷さんがハバナイの話をしてるぞ!!! 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yinnocent5680 https://t.co/jXjpnHTwrL 6ヶ月前 replyretweetfavorite

keihan_na どうしてこんなに嫌悪感の塊みたいな存在でいられるんだろう。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

KOMAAAAAAAAN #2017年型多幸感 #理想的に新しい多幸感 #あなたの好きを肯定します 6ヶ月前 replyretweetfavorite