バレンタインは「何もしない」? 愛の国で聞いてみた。

明日はいよいよバレンタインデー。日本では女性から男性にアプローチする日ですが、フランスではその逆、男性が女性にプレゼントする日だそうです。とはいえ、本当にフランスのカップルはバレンタインにプレゼントしたりしているのか?と疑問に思った中村さん。商店街を歩くカップルに、バレンタインの過ごし方について突撃インタビューしてきました。その結果は……?

2月の一大イベントといえばバレンタインデー。日本では女性側から意中の男性にチョコレートをプレゼントして告白したり、「義理チョコ」という形式的なチョコレートが出回る日でもありますね。一方フランスでは、男性側が女性に花をプレゼントしたり、カップルでレストランに食事に行くのが一般的なようです。

とはいえ、十人十色のパリジャンたち全員がそうしているとは思えない。そこで今回は、実際のところ、パリジャンたちはどんな風にバレンタインデーを過ごしているのか街頭インタビューしてみました。

バレンタインは何もしない

まずは、腕を組んで歩く10代の高校生カップルにインタビューしてみました。彼女のElodie(エロディ)さん(16歳)と、彼氏のClément(クレモン)くん(15歳)。二人の顔にはいくつかのニキビと、若さ独特の不安定さを見て取ることができます。

私が「バレンタインは何をしますか?」と質問しただけなのに、二人ははにかんで見つめ合ってしまいました。二人の間に恋が芽生えてからそう時間が経っていない雰囲気満載。もう、インタビューで邪魔しちゃってごめんなさい!というくらい熱い恋人同士の二人ですが、その答えは予想外にクールでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai これ、すごくよくわかる。わが家は夫婦でレストラン(夫が払う)。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 8ヶ月前 replyretweetfavorite