今が旬のたらを楽しむなら「たらとじゃがいも炒め、ゆで卵ソース」

今回の「ポルトガル食堂」は今が旬のたらを使った料理。ポルトガル人にとってたら料理はおてのもの。これまでこの連載でも数多くのたらりょうりをお伝えしてきましたが、今回合わせるのはじゃがいもと玉ねぎとゆで卵。塩気と甘みがゆで卵で一体になる絶品の一皿、ぜひおためしください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

まだまだ寒いですね。寒い日はやっぱり鍋! 忙しいときはとりあえず鍋! 週末は鍋!と、鍋ばかり食べてそろそろ飽きているあなた。そんなあなたに、今月は鍋の呪縛から逃れられる、ちょっと目先の変わった簡単料理をご紹介します。使う素材は、冬が旬のたらです。

寒さど真ん中のこの時季、魚屋さんのいい位置には、いつもたらが並んでいます。旬だから味もいいし、値段も手頃。でも、たらと言えばたらちりぐらいしか思いつかなかったりしませんか? おっと、たらちりも鍋ですね。たらって鍋以外でどうやって食べればいい?

そんなときは、ポルトガル人に聞けば問題即解決。あちらには、干しだら(バカリャウ、と言います)を使った料理がうなるほどあります。主食はパンですが、主おかずはバカリャウ、と言ってもいいぐらい。ポルトガルを旅すると、バカリャウの文字をメニューに見ないレストランはないし(そんなレストランはきっとすぐ潰れる)、誰かの家でおもてなしを受けるときも、2回に1回は間違いなくバカリャウ料理が出てきます。クリスマスイヴだってバカリャウだし!

これまでにも「ピポグラタン」「たらのコロッケ」「たらとほうれん草のクリームグラタン」「甘塩たらとえびごはん」「たらとじゃがいも、かぶの葉のポルトガル風おかゆ」などをご紹介してきましたが、まだまだあります、日本で作れるポルトガルのたら料理。まずは、フライパンひとつでできる炒めもの「バカリャウ・ア・ゼ・ド・ピポ~たらとじゃがいも炒め、ゆで卵ソース」から、どうぞ。

Menu do dia 本日のメニュー

「バカリャウ・ア・ゼ・ド・ピポ~たらとじゃがいも炒め、ゆで卵ソース」

材料(2人分)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつもの食材があっという間に異国の味に。がっつり食べてお腹も満足、なぜだかお酒が止まらない!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo タラが美味しい北海道在住で良かった!そう思うのであります。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

chiruko_t うまそうー。グラタンの具にもなるな。  9ヶ月前 replyretweetfavorite

outgrowth おいしそう。今度、作ってみよう。 https://t.co/IobSkKIDAD 9ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada 鱈ちり以外で鱈を楽しむなら、たとえばこんなレシピもあります。ゆで卵がアクセント。 9ヶ月前 replyretweetfavorite