錬金

テレビ局買収戦争のキーパーソン

俺は命がけでタイムスリップすることになった。由里子の存在がこの世界から丸ごと消えたからだ。過去に行ってその原因を突き止め、彼女の存在を取り戻さなくては。彼女は俺にとって特別な女だ。オッサンと一緒に俺を騙し、そしてテレビ局の買収で暴走しかけた俺の目を覚ましてくれた由里子。愛憎入り混じる唯一無二の女――。
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!書籍『錬金』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

由里子はどこだ

 宇多由里子。堀井健史の腹違いの実妹だ。

 俺より2歳年下で、山の手に暮らす正真正銘のお嬢様。ヤマトグループの大株主である宇多家の娘で、金持ちの親族たちの溺愛を受け、何不自由なく育った。

 オッサンは、母親の幸せな人生を握りつぶした門田を、激しく憎んでいる。だが妹である由里子のことは、肉親として愛していた。由里子もまた、兄を愛していた。

 由里子は権力の座を守ることしか頭にない父親に対して複雑な感情を抱く一方、ヤマトグループの買収戦争で、兄と父が激しく対立するのが辛かった。

 由里子は、俺にすべての真相を明かした。買収を止めさせようとした。

 兄を裏切ることになっても、兄が復讐から解放されることを願い、俺が操り人形から解放されるのも願った。

 俺たちの暴走に歯止めをかけた無垢な彼女に、俺は惹かれた。

 由里子とは恋人ではなかった。けれど、いとおしさと憎らしさの両方の入り交じった特別な感情で、激しく抱いた。

 忘れられない女だった。

 仮釈放後にオッサンのところに来たのも、由里子と再会できる可能性があったからだ。

 収監される直前から、彼女とは音信不通だった。面会にも来てくれなかった。

 どうしているのか。できれば会って、話したい。

 由里子の愛らしい笑顔を、もういちど見たかった。

「消えたって、どういうこと……?」

「この世から跡形もなく消えた」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takashiseike タイムラインにめっちゃでてくるから見てみた。いろんなこと考えてすごいな。 cakesてのもやってみようかな。@takapon_jp https://t.co/x3AodIHdhA 4年弱前 replyretweetfavorite

masaki_asel やっぱオモロイ。ちょうど大学3年の時、ライブドアショックで株を損切りした。。でもいい経験でした。学んだことのほうが大きかったなぁ。堀江さんの生き方、好きです! 4年弱前 replyretweetfavorite

tipi012011 本を買おう。 4年弱前 replyretweetfavorite