錬金

人間は時空を飛び越えられるのか?

オッサンこと堀井健史がスマホのアプリを起動させると、画面から光の柱が立ち上がった。その光の中に飛び込めばタイムスリップできるのだという。もちろん俺はそんなでたらめには騙されない。騙されないつもりだけど、オッサンの実演を見て信じざるを得なくなった……。そしてオッサンは俺に無茶なミッションを言い渡した――。
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!書籍『錬金』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

時空のズレ

「前みたいに金を生む仕事じゃない」

 と言ってオッサンは、スマホを取り出した。

 そして俺の前のソファに座り、スマホの画面が見えるように机に置いた。

「あれこれ説明するより、これを見せた方が早いだろう」

 オッサンはスマホのメモアプリをタッチした。そのなかに、見たことのないURLがメモしてある。

 URLに触れると、何かのファイルが起動した──直後、スマホの画面から光の柱が、立ち上がった。

 柱の表面の膜には、どこかの都市の景色や自然の山並みが、多面カメラで撮った映像のように、目まぐるしく切り替わりながら映写されている。

 何だこれは?

「プロジェクションマッピングのアプリでも開発したのか」

 オッサンは答えず、俺の後ろを指さした。

 振り返ると、白い壁にシンプルな針時計が掛けられている。

「優作。見ろ」

 と言ってオッサンは、今度は光の膜の一部を指さした。

 そこに、白い壁に掛かった針時計が映っている。

 俺の後ろにあるのと同じ時計だ。

 オッサンが言う。

「昨日の同時刻にセットした。いま見ているのは24時間前の、この部屋の時計だ」

「昨日?」

「そうだ。いいか」

 オッサンはマジックを取り出した。そしてマジックの先を、光の膜に差しこんだ。

 すると、光の膜を通り過ぎた。

 映像だと思っていた時計に、マジックの先端が、タッチした。

 オッサンは時計の盤面に、大きく「ABC」と書いた。

 物質が、映像をすり抜けている?

 どういう仕組みなんだ?

 そしてオッサンは、「見ろ」という感じに、俺の後ろを指した。

 振り返ると──壁に掛かった針時計の文字盤に、さっきはなかったはずの「ABC」の文字が書かれていた!

「スマホを使った手品か? 面白いじゃないか」

「手品じゃない。マジックの先だけが24時間前に行った。そして文字を残して、現在の時計の盤面を変えたんだよ」

 俺はすぐには意味が理解できず、呆気にとられた。

 オッサンが続けた。

「つまり、タイムスリップだ」

 次は、ソファからずり落ちそうになった。

「た、タイム、スリップ……!?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 こうきたか! 3年以上前 replyretweetfavorite

namekawa743 盛り上がってきたぞ〜 3年以上前 replyretweetfavorite

anagaoka まさかのタイムスリップもの!でも結構面白い。テンポ良いので引き込まれますな。 >> 3年以上前 replyretweetfavorite

gakugei_tokuma 堀江貴文さんのタイムスリップ青春小説『錬金』(2月21日発売)。発売に先駆けた特別掲載第4回が更新されました。今回、物語が大きく動きます。タイムスリップ理論を見出した堀井健史の命令で主人公は過去に――。 https://t.co/sKm6W4S7Ca  @takapon_jp 3年以上前 replyretweetfavorite