外は香ばしく、中はとろりと甘い焼きねぎスープ

今回は、長ねぎだけを使ったシンプルなレシピ。作り方は簡単でも、外は香ばしく中はとろとろな、長ねぎのうまみと甘みを存分に楽しめるスープです。他の具材を足して、ボリュームアップさせるアレンジレシピもご紹介。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

焼いてから煮るからうまみがギュッと凝縮。酒宴の締めにも。

鍋のシーズンに欠かせない長ねぎ。水炊き、鱈ちり、キムチ鍋など、どんな鍋でも支える底力があります。香味野菜や薬味にも使え、中華料理に麺類にと大活躍。マルチな役者ぶりを発揮するこの野菜を、たまには単体で味わってみませんか。

今回のレシピのポイントは、長ねぎを焼いてから使うこと。鍋で食べるのとはまったく違った、ねぎのうまみと甘み、とろっとした食感に誰もが驚くはず。鍋ひとつでOK、他の材料やだしがいらないからとっても簡単です。

食事どきはもちろん、飲んだ後にこんなスープがちょっと出てくると嬉しいものです。それではレシピをどうぞ。

焼きねぎのスープ

材料(2人分)
所要時間:20分

長ねぎ 2本(白いところ約200g)
オリーブオイル 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
塩 少々
胡椒 少々
水 500mL

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaorun6 @izaken77 こちらもぜひ! https://t.co/UdL2yLAKrI 7ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun6 焼きねぎスープのレシピはこちら。‖ 約1年前 replyretweetfavorite

canacocco6 なかなか使いきれない白ネギを食べたい時に! 約1年前 replyretweetfavorite

shour_d4 今日は寒いし余らせてしまったネギがあったので久々に焼きねぎスープを作ってみた。 1年以上前 replyretweetfavorite