最終回】小池龍之介(僧侶)インタビュー

難しい仏教思想を分かりやすく解説する小池氏の言葉には、アドラー思想との共通点を感じさせるものが少なくない。その小池氏に仏教とアドラーについて聞いた。

「課題の分離」や主観の捉え方 仏教とアドラー心理学の共通点


こいけ・りゅうのすけ/1987年生まれ。東京大学教養学部卒業後、僧侶に。月読寺(神奈川県鎌倉市)住職として修行の傍ら、一般向けに座禅指導を行う。『考えない練習』『苦しまない練習』(いずれも小学館)など著書多数。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
今こそ!「嫌われる勇気」 初めてのアドラー心理学

週刊ダイヤモンド

1900年代初頭、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」(いわゆるアドラー心理学)が、100年の時を超えていま、日本や韓国で脚光を浴びている。国境を越えて人びとを魅了するアドラー心理学とは、一体何なのか。ブームの火付け役となっ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません