​「上か下か」を考える男

男が二人揃えばちょくちょく始まるマウンティング合戦。どうやら男性は「上か下か」を大事にしたがるようです。今回の「ワイングラスのむこう側」は、女性的な思考をする林伸次がこの「上か下か」問題を考えます。考え方を変えてみたら、少しは良い世界が作れるかもしれません。

初対面でジャブを打ち合う男たち

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある男性が、僕が出したコンピレーションCDを見て、「林さん、ジャズも詳しいんですね」って仰ったんです。で、僕は「いえいえ。そんな詳しくないです。まあ好きなのを適当に聞いてるだけです」って答えたのですが、その男性は「マイルスだとどの辺りを聞きますか?」って感じで、ジャズの話になったんですね。

ニュアンスが伝わるかわかりませんが、これって「林はジャズのことをどのくらい詳しいんだろう」って探っている雰囲気でして、「ああ、しまったなあ」と思いました。男性同士って、こんな風に趣味の話をしているように見せかけて、どっちが詳しいかという「ジャブ」を打ち合うんです。

これ、趣味だけじゃなくて、「どういうお仕事されてるんですか?」的な話をしながら、「どっちが偉いか」とか「どっちの収入が上か」を探ったりしますし、どっちの学歴が上なのか、どっちのフォロワー数が上なのか、どっちの血筋が上なのかってことも探りあうことがあります。

この男性同士の「上か下か」の会話が僕、どうも苦手で、「もうどっちが上でも下でも良いから、もっと楽しい話しましょうよ」って思っちゃうんですね。そんなことを思っていたら、五百田達成さんのこんなツイートを見かけました。

男は男を上か下かで見る。
女は女を敵か味方かで見る。
五百田達成@「生まれ順/きょうだい型」 @ebisucareer 2017年1月13日

なるほど。そういうことなんですね。確かに女性同士が初対面で、「どっちがジャズに詳しいか」とか「どっちがいい大学を出てるか」って争った話はあまり聞きません。ただ、女性同士は初対面の時、「こういう男に媚びる女ムカつく」とか、「この人仲良くなれそう」とか「うわ、こういう女性、私をいじめるタイプ」とかというのを気にしているような感じがします。

さて、いままで何度か書いてきましたが、僕はどうやら「女性脳」らしく、車や時計やコレクションに全く興味がないし、地図が読めないんです。だから、そういう男性同士が争う「どっちが上か下か」ってどうも興味がないんです。そして、「相手が敵か味方か」っていうのをすごく気にしてしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ワイングラスの向こう側」を書籍でも

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

daishi_hatada なるほどなあ。僕も、敵か味方かで考えているかも。上か下か、という距離をとりあうのがとても苦手。 2年以上前 replyretweetfavorite

moe_sugano うんうん、みんな仲良くが平和でいいよね(こうみえて実は平和主義の博愛主義者)> 2年以上前 replyretweetfavorite

youki_s_tus 男の自己顕示欲。よくわかる。/「上か下か」を考える男|林伸次 @bar_bossa | 2年以上前 replyretweetfavorite

sacon たしかに林さんは女性的な人って感じがする。" 2年以上前 replyretweetfavorite