金持ちの目標は金儲けに非ず

前回の対談では伊東潤さんの新作『江戸を造った男』の河村瑞賢の話題から「強みの複数化」が必要だという話などが出てきました。今回の第2回では「清貧」ならぬ「清豊」という耳慣れない言葉や「金持ちの目標は金儲けに非ず」というお話など、前回以上に興味深い話題が目白押しです。

清貧思想と清豊思想?

伊東 藤野さんの『16歳のお金の教科書』に出てくる本多静六は、投資好きで資産を築くわけですが、儲けた金を全部寄付してしまうという清々しい人物ですよね。お金儲けは悪ではないこと身をもって証明した方です。

藤野 日比谷公園にレストランがありますけど、あれを設計したのも本多静六です。魅力的なものを作っても、それを永続的に持続させるためには、そこに商売ができる場所を作って稼ぐということが大切なのだという考えでレストランを設計したところが素晴らしいですね。

伊東 藤野さんは「清貧」という言葉に対して「清豊」ということをよくおっしゃっていますね。清豊という考え方は、日本社会では、まだまだ理解されていないですね。

藤野 清貧の思想が強すぎて、「清くなるためには貧しくなければならない、貧しいことは清いことだ」という、さらに進めて「貧しいことは正義だ」みたいな間違った考えがあります。必ずしも貧しいことが正しいこととは限らないというのが当たり前なのですけどね。清貧の思想が強すぎることによって「清い」と「豊か」ということは相反することだと思っている人が凄く多いために世の中が暗くなるのだと思います。清いためには豊かになってはいけないと、逆に金儲けしたい、リッチな生活をしたいということは健全な欲望なのですが、そのためには清くあってはいけないという、そんな感覚もありますね。それらは清貧思想からきたもので、それがもたらした弊害は非常に大きいと思います。

伊東 明暦の大火の際に木曾の材木を買い集めた話もどちらかというと大火を金儲けに利用した悪の権化みたいな切り口で言う人も多いですよね。

藤野 そんなものを使って金儲けしたケチな男であるという解釈をする人は結構いるわけで、瑞賢評に関してはそこから語るという人も多いわけです。その事績をどう捉えるかによって、河村瑞賢の評価は真逆になりますね。

金持ちの目標は金儲けではない?

伊東 瑞賢が、ほかの商人に先駆けて木曾の材木を買い占めたのは、大火で焼け出された人々が困っているからです。春の江戸でも野宿は厳しく、生き残れても、その後に凍死や餓死をした人たちが多くいたといいます。それを防ぐためには、何はなくても衣食住です。衣の部分は分かりませんが、瑞賢は食住の部分で多大な貢献を果たしました。また疫病を防ぐべく、人を集めて遺骸の処理を迅速に行わせることで、さらに名を挙げました。そのついでに儲けて何が悪い、と僕は言いたいですね。現代でも、金儲けしたいと思って成功したアントレプレナーなんて、いないんじゃないですか。困っている人を助けたいとか、社会貢献をしたいとか、地方起業だったら雇用を創出したいとか、新しい「便利」を創り出したいというのが、主な動機じゃないですかね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
江戸を造った男』特別対談—伊東潤×藤野英人 

伊東潤 /藤野英人

【『江戸を造った男』重版記念対談】 ファンドマネージャー・藤野英人さんと小説家・伊東潤さんの対談。 藤野さんが河村瑞賢を好きな歴史上の人物に挙げられていて、伊東潤さんが新作『江戸を造った男』で主人公に瑞賢を描いたことがきっか...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jun_ito_info 【特別対談ピックアップ】 https://t.co/lqteXLvw5q 「今の経済の動きと過去の偉人達の行いを同時に見ることが今求めらてれる姿勢だ」とおっしゃる藤野さんに対し、過去の敗因から学ぶことが重要だと伊東さんが力説します… https://t.co/geHCAEpCmo 3年弱前 replyretweetfavorite

jun_ito_info 本日、『#江戸を造った男』第7話公開! https://t.co/bvsgPdzHpw 藤野英人さんとの対談(https://t.co/XPDatzlR30)にも登場する、商人・河村瑞賢の材木買い付けのシーンが描かれています。 第3話の無料公開は本日まで!! (スタッフ) 3年弱前 replyretweetfavorite

jun_ito_info #江戸を造った男 特別対談第2回が公開です。 https://t.co/XPDatzlR30 投資家・藤野英人さんと小説家・伊東潤が江戸時代の商人・河村瑞賢を語ります。 プロジェクトリーダーとして国のインフラ事業を行い日本の基盤を作った瑞賢から仕事術・日本経済の未来を学びます。 3年弱前 replyretweetfavorite