SF MAGAZINE RADAR

虐殺器官』ラーメン化。「暴食の文法」麺処まるわ店長インタビュウ

「食欲本能を呼び覚ますこの拉麺に、君は抗えるか。」――2月3日にいよいよ公開となった劇場アニメーション『虐殺器官』。好評のスタートを切った本作が話題を集めるなか、あるコラボ企画がネット上で異様な輝きを放っていました。その名も「虐殺器官×宅麺.com」。ゼロ年代最高のフィクション、まさかのラーメン化です。SFとラーメン界にいま何が起きているのか、仕掛け人のひとり「麺処まるわ」店長にお話を伺いました。

「虐殺器官×宅麺.com」#消化器官
2月19日(日)までコラボ中(店頭メニューは2月12日まで)
(追記:「暴食の文法」、17日(金)まで延長販売!


●今回のコラボ企画はどのように始まったのでしょうか。

これは僕にとって忘れられない日になるんですが、昨年の12月27日に、以前から仲良くしてくださっている板橋区のらあめん元の店主さんからの電話があったんです。 出てすぐに「お前アニメ好きだよな? 『虐殺器官』って知ってる?」と言われて、「大好きです! やります!!」と、何の話か聞く前に即答してしまいましたね。 元さんは今までに何度かアニメコラボをしてたので、きっと今回もその関連だろうなと。そこから宅麺さんと正式にお話しさせていただいてスタートしました。

●あらためて『虐殺器官』コラボラーメン「暴食の文法」のご紹介をお願いします。

簡単に言ってしまうと黒マー油を浮かべたカレーラーメンですね。ただ、ちょっとした仕掛けをしているんです。 黒マー油のビターな味わいやカレースパイス、魚粉といった舌先にシャープな味を伝える食材を使っているので、一口目は「意外とあっさり?」と感覚を騙してしまうようになっているんですが、スープのベースは豚+鶏の白湯なので、実はややこってり。肉味噌が溶け出すと徐々に旨みも強くなりますし、麺と肉味噌の間に挟んでいる海苔もゆっくりと溶け出す。 徐々に味わいが変化していく仕掛は、原作小説を読んだときの印象も意識しています。クジラベーコンのコリコリとした食感もアクセントになって食べ飽きないようになっています。


「暴食の文法」

●細部にわたる原作シーンの再現。「虐殺器官×宅麺.com」は、その本気ぶりが話題を呼んでいます。

メディアミックスで展開するフードメニューは「とりあえずそれっぽいの」というような、ファンからすれば肩透かしをくらうモノがあったりするじゃないですか? それじゃあ叩かれて当たり前だし、ラーメン業界でも安易なインスパイアは叩かれたりします。

あるラーメン評論家の方がよくおっしゃっている「作り手の顔が見えるラーメン」という言葉があるんですが、この企画を知ってくれたファン、食べてくれたファンに 僕が本気で作品のことを考えたラーメンだと伝えたい。作品に対して愛がある、同じ立場にいるファンが作ったものなのだと。 気持ちや思いなど、「僕の顔が見えてくるラーメン」であればきっとファンは認めてくれるはずだと。原作ファンと僕、どっちが伊藤計劃好きか喧嘩するつもりで作りました。 その結果が「ヴィクトリア湖内でイントルードポッドが解体されていく様子」や、初見で騙して最後まで飲み干してしまうという「虐殺の文法」を意識した僕なりの「暴食の文法」につながっていくんですが、マニアックすぎましたよね。

●「この店長はいったい何者なのか」という声もありますので、よろしければ自己紹介と『虐殺器官』との出会いを教えてください。

実は元ラッパーだったり、デザインのお仕事もしてたりします。HIPHOPが好きなんですがアニメも大好きなんで、うちの店ではアニソンもHIPHOPも流れてたりカオスですね。 小説も、歴史ものからライトノベルまで雑食です。中学の時はギャングスタ・ラップ府田マリ子のCDを一緒に買うなんてこともしてました。 34歳になるのですが、ちょうどセカイ系というジャンルが形成されていく流れのころに中高生時代だったため色々刺激を受けましたね。 『最終兵器彼女』に涙した夜にクラブに遊びに行くおかしな青春時代でした。


麺処まるわ(千葉県千葉市)

伊藤計劃作品との出会いなんですが、実は『虐殺器官』は一度挫折してるんですよ。友人に貸してもらったんですが、言い回しの複雑さに滅入ってしまって。 それからしばらくして、2014年の夏だったと思うのですが、書店に平積みされていた文庫版に何か惹きつけられて買ったんです。そしたら今度は一気に読めてしまった。 SFだと思っていたけど何か違うなと、あぁこれはSFの形をした哲学小説なんじゃないかと思いましたね。これを書いた人のことを知りたいと思い色々と調べました。 千葉に移住した経緯や『虐殺器官』、『ハーモニー』を書き上げた当時の状況、現在のご両親のこと。知れば知るほど作品に対する感想が変わってくる。 もしやこの2作品は私小説なんじゃないかなんて。ここまで自分の中で議論を重ねた作品、作家は他にはいませんでしたね。

●劇場版アニメ版の「虐殺器官」は、ご覧になっていかがでしたか?

前述の通り、伊藤計劃にドはまりしてしまっている原作ファンだし、最近までは劇場版にも否定的だったんですよ。 定休日の関係で公開4日目まで劇場には行けなかったので、ネットの感想なんか見ちゃってましたし。正直かなり否定的でした。

いざ観賞してみて終盤までは、「これはこれで面白いぞ」と惹き込まれていたんですが、話題のラストシーンに「え?」って思っちゃいました。 劇場を出てからも悶々としたり、怒りのような感情を持ったんですが、パンフレット内の村瀬監督のインタビュウを見てちょっとした出口が見えたんです。 映像にしかできないことがあるように、活字にしか伝えられないものもあるんだと。この映像は伊藤計劃が作ったものじゃないんだから。違ってきて当然だと。 原作をなぞるだけなら誰にだってできる。けれどこれはアニメスタッフが総力をあげて、村瀬監督が表現した「虐殺器官」という世界なんだって思ったんです。

原作ではクラヴィスの内面を描写しているのに対して、劇場版でそこを省くことでジョンに焦点があてられているようにも感じられました。 きっと映画しか見ていない方は、原作に興味をもって活字にしか表現できない本質部分に触れてくれるだろうと。文字を通してしか触れられない伊藤計劃の世界に村瀬監督は入口を開いたんだなと感じました。 なので僕は原作ファンにこそ劇場版を見てもらいたいって思います。ここまでいろいろな見方、感情の高ぶり、議論のできる作品は他にはないですからね。 映像化してなおプロジェクトは終わらないのだと今では実感しています。

●「暴食の文法」を食べにきたお客さんの反応はどうでしょう。

みなさん暴食の文法に侵されてしまったのか、ほとんどのお客さんがスープまで完飲してくれたり、ライスを入れて綺麗に召し上がってくれていますね。 最近ラーメン業界にも健康ブームが起きているのですが、実はそれに対するアンチテーゼも含んでいるラーメンなのです。 普遍的な破廉恥な味を目指したのでうれしい限りです。


健康志向へのアンチテーゼ

●ネット上でもかなりの評判となりましたが、企画の手応えとしてはいかがですか?

正直びっくりしています。まず飲食店でコラボするにはグロい描写もありますし。 実は情報公開初日はメチャメチャ叩かれたんですよ。なんでド○ノ・ピザじゃねーんだよって。ラーメンなんてクラヴィス食ってねーぞって。 宅麺さんのサイト内の商品説明を、原作を知っている人にしか理解できない文章にしたのですが、それを見た方から徐々に反応が変わってきて……。 まさかここまで原作ファンに支持してもらえるなんて思っていなかったので感激でしたね。 しかも早川書房さんから連絡くるし!! 調子に乗りすぎたことを怒られるんじゃないかと泣きそうでしたよ!  今回はラーメンとしても新しい試みができたんじゃないかと思います。ただこんなガチオタに話持ってきて宅麺さんが後悔してないかが心配です。

●ありがとうございました。最後に、今後の抱負をお願いします。

作り手として色々なことに挑戦してみたいですね。 アニメとコラボなんて初めての経験でしたが、ラーメンで表現するには一番難しいだろう作品が『虐殺器官』だと思うので、なんでもこいって感じです……。

うちもあっさりしたラーメンからこってりしたものまで15種類そろえているのですが、 ラーメンに限らず健康ブームってありますよね? それ自体は大変素晴らしいことだと思います。 でも、妙に啓蒙的というか、まるで『ハーモニー』であった生府社会の流れがゆっくり始まっている気がするんですよ。

そういった流れに対するアンチテーゼでもある今回の「暴食の文法」には続きがあって、仲のいいラーメン屋さんたちと「ハイカロリー」という企画を2月中旬に企画してます。 まるでウィリアムズが望んだ普遍的なアメリカのビッグマックやピザのように、僕たちはラーメンの普遍性を信じたいんです。

「ラーメンからは逃れられない。だって、それは頭の中にあるんですから。」



「消化器官」から「ハイカロリー」へ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
SF MAGAZINE RADAR

SFマガジン

SFマガジン誌上の情報紹介コーナー「MAGAZINE RADAR」がネットへ出張。SFに関わるニュースを編集部がキャッチし、SF好きのあなたのための情報をお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marumizog 虐殺器官ラーメン「暴食の文法」の復活を祝って、2017年の店長インタビューを無料で最後まで読めるようにしました。よろしければ是非。 https://t.co/ITkk2GjGtL 3ヶ月前 replyretweetfavorite

marumizog これもう2年前ですか。懐かしい…… 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mendokoromaruwa ちなみにこんなことも。 「虐殺器官」&「ハーモニー<harmony/>」二次創作ラーメンの2019年版も近日公開!! https://t.co/RQxTc2EnTz 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ILYumom @mendokoromaruwa 気付いたらご飯頼んでましたね。。。 なるほど・・・https://t.co/k7oMNKGsIy 1年以上前 replyretweetfavorite