キャバクラ登場前のオトナの社交場【グランド・キャバレー】

2020年の五輪開催を見据えて、東京の街は大きな変貌を遂げつつあります。その危機感から、今ならまだ間に合う、今しか会えない、昭和の古き良き風景を伝えるべくスタートした本連載。
第4回目は、ダンスや歌、バンドの生演奏などのショーを楽しむ空間「グランド・キャバレー」について。ゆったりとしたフロアに、ゴージャスなシャンデリア……。活気のあった時代の面影を、ちょっと覗いてみませんか。


キャバレー。この単語は、昭和の面影を残す夜の街をうろついた取材中、何度耳にしたかしれない。「キャバレーのできる前は」「あとは」と、いろんな文脈のなかではあるが、そのキーワードを使い話をしてくれた飲み屋の人々。各人が考える戦後飲み屋史・盛り場史のなかで、この業態の登場はよほどインパクトのあるものだったようで、登場前後で繁華街の様子は一変したようである。

●  ●  ●

キャバレーという言葉自体は戦前にもあったが、当時、女性(女給さん)がお客に酒食(ときに酒色)を供する業態は、主に〈カフェー〉と呼ばれた。前述のように飲み屋街の人々にインパクトをあたえた本稿で言うキャバレー、その隆盛は、戦後になってから。それも東京五輪以後、高度経済成長期頃である。この頃には名物オーナーたちが競うように店舗を増やし続け、いくつかのキャバレー・チェーンが登場。最盛期には全国で1万2000軒もあったという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2020年五輪の話題が「光」なら、消えゆく昭和の風景は「翳」。まぶしい光でなく翳にこそ惹かれる、そんな人々に向けた渾身の一書!

この連載について

初回を読む
東京ノスタルジック百景 シーズン2 ~今見ておきたい昭和の風景

フリート横田

ライター兼編集者として、数々の街歩き取材を重ねてきたフリート横田氏。著書『東京ノスタルジック百景』からのcakes連載が好評を博し、満を持して書き下ろしの連載がスタート。2020年の大イベントを控え、急激に変化しつつある東京。まだわず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha 本文は普通なのに最後の注釈がものすごく引っかかった。"発言者に差別意識がないことから"は要らなかった。だって"無意識下"にあるもの。 3年以上前 replyretweetfavorite