意志が強すぎて、ついついダイエットをしてしまう私

ダイエットをしたい「意志」はあるけれど、お菓子を食べたい「欲求」の強さにはどうしても勝てないニケ。そこへ博士が取り出したのは、「意志<欲求」のパワーバランスを逆転させてしまう発明品でした。ニケはさっそく発明品を試してみるのですが……。

古見宇こみう博士
23歳男性。生後一週間でマクローリン展開をする。四歳でハーヴァードに入学。六歳で数学の博士号を取る。二十歳で万物理論を完成させたのち、「コミュニケーション」の発明を行う古見宇発明研究所を設立する。

ニケ
32歳女性、千葉県出身。古見宇研究所助手。好きなものは竹輪とGINZA。嫌いなものはセリーヌ・ディオン。「宇宙の解」を知って絶望していた博士に「コミュニケーション」という難題を与え、結果的に古見宇研究所の設立に繋げる。



 仕事中、私が引き出しに入れていた芋けんぴをこっそり食べていると、研究室から出てきた博士に「また間食かな」と指摘された。

「あ、すみません! つい食べちゃうんですよ」

「そうやってお菓子ばかり食べているからだと思うけど、最近ニケ君は太っているよね。体重も一ヶ月前から2キロほど増えているし—」

—ど、どうしてそんなことを知ってるんですか!」

 自分の体重が博士に知られていたとわかり、私は赤面した。

「研究所の入り口にある万能生体スキャナーだよ。体重だけじゃなくて体脂肪率も、生活習慣病も、ニケ君が出勤するたびに全部わかっているよ」

「プライバシーの侵害ですよ……」

「ちゃんと契約書に記載されていてるよ」

「そういう問題じゃないんです!」

「まあ事実なんだから仕方ないじゃないか。それよりもさ、ニケ君はダイエットするつもりあるの?」

「もちろんありますよ! でも、お腹が減るとついお菓子を食べちゃうんですよね……」

「そうか、ダイエットする『意志』があるなら話は早いね」

 博士はそういって、背中から灰色のニット帽を取りだした。

「あ! もしかして、ダイエットができる発明品ですか?」

 私はすぐに博士からニット帽をもぎとった。

「ちょ、ちょっと、あせらないでよ」

「このニット帽に、どんな機能があるんですか? 教えてください!」

「そのニット帽は、『電気ニット~意志野卓球とピエール欲~』という発明品さ」

「ずいぶん長い名前ですし、どこかで聞いたような……」

「ニケ君の期待と違って、そのニット帽は直接的にダイエットとは関係ない。一見ニット帽に見えるけど、特殊な通電繊維で編まれていて、かぶった人間の脳に作用するんだ。その結果、『意志』と『欲求』のパワーバランスが逆転する」

 博士はまた、一般ウケしない頭でっかちのものを作ったのではないか、などと考えながら、一応「『意志と欲求のパワーバランスが逆転する』ってどういうことですか?」と聞いてみた。

「つまり、ニケ君は『ダイエットしたい』という意志を持っているけれど、『お菓子が食べたい』という欲求に負けて、『わかってはいるけど、ついつい芋けんぴを食べてしまう』という状態なんだよね」

「まさしくそうですね」

「ここでもし、意志と欲求のパワーバランスが逆転したら、どうなる?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

伊藤計劃をめざす日本SFの最先鋭、20代以下6作家によるトリビュートアンソロジー

伊藤計劃トリビュート2 (ハヤカワ文庫JA)

--- - 草野 原々 - ぼくのりりっくのぼうよみ - 柴田 勝家 - 黒石 迩守 - 伏見 完 - 小川 哲
早川書房
2017-01-24

この連載について

初回を読む
古見宇博士の珍奇な発明

小川哲

二十歳で「宇宙の解」を知って生きる気力を失った大天才、古見宇(こみう)博士。そんな彼が絶望の果に見出した謎は「人間関係」でした。まだ誰も光を当てていない種類の「コミュニケーション」に関する発明品を作ることに生きがいを見出し、古見宇発明...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

meg_pee どこかで聞いたような帽子のネーミングにニヤリとしつつ。 3年以上前 replyretweetfavorite