第13回】 『嫌われる勇気』が大ヒット 韓国アドラーブームの深層

合計172万部の大ベストセラーとなった『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』。その人気は日本だけにとどまらず、お隣の韓国でも130万部を超える大ヒットとなっている。

 2016年4月末、韓国・ソウル。国内最大級の書店である教保文庫・光化門本店は熱気に包まれていた。数百人が長蛇の列を成して並んでいるのは、『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』の著者、岸見一郎氏と古賀史健氏によるサイン会だ。親しげな笑顔で話し掛けるファンの姿からも、韓国でいかにこれらの書籍と著者の人気が高いかが分かる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
今こそ!「嫌われる勇気」 初めてのアドラー心理学

週刊ダイヤモンド

1900年代初頭、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」(いわゆるアドラー心理学)が、100年の時を超えていま、日本や韓国で脚光を浴びている。国境を越えて人びとを魅了するアドラー心理学とは、一体何なのか。ブームの火付け役となっ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません