第12回】必読!悩める読者に金言!岸見先生の公開カウンセリング(後編)

まるで『嫌われる勇気』に登場する「青年」のごとく、人生に悩む読者4人が、岸見先生に教えを請うべく集まった。アドラー心理学は、彼らにどのような道を指し示すのだろうか。

読者プロフィール
(1)原 道恵さん(仮名)(46歳・児童福祉関連)
(2)伊藤真和さん(21歳・障害者就労支援)
(3)玉木 実さん(仮名)(43歳・教育関連)
(4)小松原祥一さん(49歳・行政書士)


自分の理想を生徒に押し付けてはいけない

玉木 アドラー心理学では、人生を「点の連続」と考え、計画的な人生など不可能だといいます。しかし、教師という立場上、どうしても将来を見据えた「線」の人生という概念を捨て切れない。

将来の目標を立てよう、と指導することは、間違っているのでしょうか

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
今こそ!「嫌われる勇気」 初めてのアドラー心理学

週刊ダイヤモンド

1900年代初頭、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」(いわゆるアドラー心理学)が、100年の時を超えていま、日本や韓国で脚光を浴びている。国境を越えて人びとを魅了するアドラー心理学とは、一体何なのか。ブームの火付け役となっ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci 「アドラー心理学では、人生を「点の連続」と考え、計画的な人生など不可能だといいます。」 https://t.co/gu3qOxkRH8 4年弱前 replyretweetfavorite