パリに美魔女がいないワケ

パリジャンたちの十人十色な恋愛・結婚スタイルを紹介するパリジャン十色。最近は、年上の60代の女性と結婚した政治家や、50代で新しい恋を楽しんでいるフランス人女性についてお伝えしました。彼女たちにインタビューするなかで、中村さんは「パリに美魔女がいない」ことにふと気づいたそうです。今回は、その理由について考えてみます。

パリジャンたちの十人十色な恋愛・結婚スタイルを紹介しているパリジャン十色。ここ最近では、25歳年上で60代の女性と結婚した政治家や、50代で二度の離婚を経験しながらも、新しい恋を楽しんでいるフランス人女性を紹介しました。日本では、恋や結婚には「年齢」が深く関わるものと思われがちですが、フランス人女性たちが日本人ほどそれに囚われず、自由に生きている姿を垣間見てもらえたのではと思います。

私も今回のインタビューをするなかで改めて、フランス人女性たちの年の重ね方が、日本人女性とは違うなと感じました。そしてふと気づいたのは、パリには「美魔女」なるものがいない、ということです。

「美魔女」とは女性雑誌が生み出した言葉で、本来の定義によると「35歳以上で年齢を感じさせない輝きを持っている女性」のこと。そこから派生し、単純に実年齢よりも若く見える女性という言葉として使われるようにもなりました。テレビなんかでも「え! 40 代に見えない〜!」なんて驚きを持って紹介されることがあるので、見聞きした人も多いはずです。

今回は、その「美魔女」がなぜパリにはいないのかについて、私なりに理由を考えてみました。

そもそも美魔女になれないフランス女性
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kabothomas 他の誰でもない、自分自身が今の自分を肯定できるかどうか。 死ぬまで他人の物差しに怯えて生きるのは馬鹿げている。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Singulith >「美魔女に注目してしまう視聴者は、この「若くない=価値がない」という残酷な基準を受け入れていることになるのです。 一方フランスには、女性の価値や魅力が「若さ」意外にも存在します」  https://t.co/qKxHPr7gFJ 5ヶ月前 replyretweetfavorite

ucotton 僭越ながら20代からずっと同じこと考えていたので、パリ在住の方が「年を取るのも魅力のひとつ」ときっぱり言ってくださって嬉しい限り!  5ヶ月前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/iJ0zwZdYMZ フランスでは、無理して若作りするのはダサいという考え方 #SégolèneRoyal #JulietteMéadel… https://t.co/au3z4oRBT2 5ヶ月前 replyretweetfavorite