ものわかりのいい妻になる気は一生ない

旦那さんが自分の趣味を優先したり、仕事の付き合いでキャバクラに行くことに対して、「しょうがない」と許容する女性は珍しくありません。でも、下田美咲さんは「ぜんぶ無理」と断言し、旦那さんにもそれを伝えているそうです。「キャバクラ通いが出世のために必要なことだったら?」という問いに、下田さんはどう答えるのでしょうか。

世の中には、「結婚しても自分の趣味は大事にしたい」と考える男の人や、「結婚したってそれがその人の全てではないのだから、夫や父親としての役割以外の面も、大切にしてあげなきゃね」と言って、それを尊重する女の人がいる。まさに、うちの父と母がそうだった。

男の人がキャバクラなどへ行くことに関して「自分のお金で行かれるのは嫌だけれど、接待や仕事の付き合いで行くのなら仕方がない、セーフ」と考える女の人は多いし、「仕事なんだから、それはさすがに仕方ないよね?」と、そこに「仕事」という大義名分がある場合、引け目すら感じていない男の人がほとんどのように思う。

浮気はダメだけど、AVや、人によっては風俗あたりまでは「しょうがないと思う」と妥協の許容をしている女の人は多く、「AVは、いいでしょ」と、そこに関しては迷いすらない男の人が多いように感じる。

はっきり言って、私は、ぜんぶ無理だ。そんな男の人とは結婚したくないし、そんな風にあれもこれもアリにしていたら夫婦仲は守れないし、家庭崩壊してしまうだろうなと思うし、実際、私が育った家庭は崩壊していた。

世論に流されている場合ではない

立場が彼女だった時は、嫌だと思いながらもそうは言えなかったけれど、妻となった今は、はっきり口に出している。

「言っておくけど、子どもが欲しいのならば、あなたの人生は全部を子どもに注いでくれないと困るし、仕事でキャバクラもアウトだし、AVも禁止だし、風俗いくならそれは浮気と同じだから、そういう出来事として私の中に刻まれるからね」と。

婚約期間から、結婚と出産の希望があなたの中にあるのであればと「夫として、父親として」の条件は、明言してきた。

これらは夫婦仲の鍵をすごく握っていることだ、と私は思っている。

だから、世論に流されている場合ではないし、常識を基準に妥協している場合ではない。

私は旦那さんと、ずっと一緒にいたいと思う。せっかく結婚したのだから、できる限り、別れたくない。

だから、一生、二人の間に「別れたい」と思うような出来事は起きてほしくないし、私があなたのことをずっと好きでいられるように気をつけてほしいし、嫌いにならないですむような行動を心がけてほしい。

夫婦でい続けるためには、ずっと好きでいる必要があって、嫌いになるような事件が起こると困る。

私が旦那さんに嫌われないようにすることは、私次第だけれど、私が旦那さんを嫌わないようにすることは、私次第ではなく旦那さん次第なので「そこはあなたの管轄なんだから、しっかり頼むよ」という意味で、私は旦那さんに、多くのことを望む。「夫にこういうことされるとガッカリする」「子どもの父親がこういうことしたら引く」というポイントを常日頃から口にして、彼に把握させている。

ムダ遣いしたいなら、父親になることは諦めて

結婚前、彼はパチンコを趣味としていた。そのこと自体は問題ではないのだけど、今後、結婚をするのであれば、パチンコによってお金が失われることは問題になってくる。勝つ分にはいいけれど、負け戦をされるのは、家計に響くので困る。家計に響く趣味というのは、確実に、夫婦仲にも亀裂を入れるだろうから。

なので婚約した時、「それって勝ってるの?」と訊いた。「月トータルでは、必ず買ってる。先月は30万くらいプラスがあった」とのことなので、悪くないな、と思い「勝ってる分にはいいけど、負けるんだったらやめてね」と告げた。

「負けないよ、パチンコにはセオリーがあるから、運じゃないし」

「うん、それならいいのだけど、とにかく絶対に負けないでね。もしこの先、1回でも負けたら、もう一生やらないでね」

「月トータルなら勝てるけど、1回ごとで見られちゃうと負ける場合もあるかも……」

「負けたら禁止。なおくん(旦那さんのこと)が稼げる金額は決まってるんだから、パチンコでお金を失われたら、家計と共に家庭が崩壊する」

「わかった」

その後しばらくパチンコは続いていて、たびたび「美咲ちゃん、勝ったから、なんか高級なもの食べに行こう! 何食べたい?」という誘いがあって、なかなか調子が良さそうだったので私もただただ応援していたのだけど、ある日「ごめん、負けちゃった……もうやらない」と言ってきて、それっきり本当に、やらなくなった。

たまに、二人で歩いていてパチンコ店を通りかかった時に、お店に吸い寄せられる素振りをすることがあり、そんな時は「もうやる権利を持ってないからダメだよ。なおくんは負けるから、パチンコやる資格ない。ムダ遣いしたいなら、父親になることは諦めて。そんな人の子ども産みたくないから」と言うと「パチンコはやらなくていい」となる。

また、彼には漫画の収集癖があり、実家の彼の部屋は、床が抜けるのではないかと思うほど、漫画だらけだったのだけど、結婚を機に漫画を買うことも禁止した。

あなたが無限に広い部屋に住める選択肢のある男であれば漫画を溜め込んでもいいけれど、稼ぎ等の兼ね合いで住める部屋の広さに限りがあるのであれば、読みたいものはレンタルをして読むようにしてくれないと、あなた以上に在宅率が高い私はストレスになる。家の収納に見合わない量の漫画はストレスだ。

「漫画を買いたいのであれば、大きなおうちに住める男の人を目指してね、私はどっちでもいいよ!」と伝えている。

キャバクラ通いが出世に必要なのであれば…

旦那さんから「もしも仕事で俺がキャバクラへ行ったらどうする?」と訊かれたことがある。「出世のために必要なことだったら?」と。

そもそも、出世をするためにキャバクラ通いが必要なのであれば、そんな職場は選ばないでほしい。転職してほしい。

その他の業務がどれだけできていても、キャバクラに同行しないだけで認めてもらえないのだとすれば、そんな世界で働かないでほしいし、キャバクラに付き合うことくらいでしか出世ができそうにないのなら、その職業では大した伸びしろがなさそうに思えるから、どちらにせよ転職をすすめたい。

それに、あなたは、私を幸せにするために働いているのに、その働き方で私を不幸にするのでは本末転倒でしょ、とも思う。私に嫌な思いをさせてまで出世する価値がどこにあるのだろう。

そんな仕事人間と結婚をした覚えはないし、逆に仕事人間ならば、もっと数億円単位で稼いでくれないと、仕事人間のマイナス要素しかないのでは困る。

旦那さんがAV鑑賞することの最大のリスク

旦那さんからの「AVは? 萌え系のアニメは?」という質問に関しても、「ダメに決まっている」という答えになる。

他の女が頭によぎってほしくない。だって、それはすごくリスクのあることだから。

AVを観る習慣には、自分以外の「お気に入りの女」を持ってしまう可能性がある。AVを観ることは「この子の顔好きだな」「俺、こういう女、好みなんだよな」と気づく機会になる。その繰り返しで、特定のAV女優を好きになったり、お気に入りのAV女優ができてしまう場合がある。

「AV女優を好きになったところで、どうせその人に会えるわけないんだからいいじゃん」というのが世論だとは思うけれど、私の感覚だと、東京に暮らしていれば、本人に出会える可能性も十分にあるし、本人に出会えなくても、似ている人に出会う確率なら、けっこう高い。

お気に入りAV女優を持たれることの最大のリスクは、そのAV女優に似た雰囲気の子に出会った時に浮気に流れる可能性が高くなるところ、だと思う。

その子単体では、どうとでもなくても、すごく好きな人に似てることによって、いきなりその子が魅力的に見えてしまう、という危険な現象は確実に存在する。AV鑑賞は、彼の中に、この厄介なフィルターを育てかねないので、浮気の観点から見ても、やはりAVには、かなり現実的なリスクを感じる。

だからAVは観てほしくないし、観られてしまうと心配で困る(アイドルの応援や、テレビに出ている人にハマるのも、同じ理由でNG)。

萌え系のアニメだってそうだ。アニメキャラ自体が実在しなくても、それに似た雰囲気の子に出会う可能性があるし、そもそもアニメキャラの裏には実在する人間が複数人いる。声優なり、作者なり、結局のところ、観ている人をトキめかせているのは、実在する誰かの意図だ。

そのアニメにハマったことがキッカケで「お気に入りの声優」を持ってしまうかもしれないし、「この台詞を考えた人、神だ……」みたいな気持ちが芽生えるかもしれないし、「このアニメを作ってる人に会いたい」みたいな意欲が育ってしまうかもしれない。

アニメキャラは実在しなくても、実在する人間の意志が介在してるから、十分に浮気の種になるし、出会いのキッカケになり得る。怖い、心配。

これらのことは全て、結婚する前から、すべての元カレに対しても思っていたことだけれど、この気持ちを伝えられたのは旦那さんが初めてで、結婚というのは、やはりそれだけ別格だし、「ずっと一緒にいようね」という大前提がある契約なので「ずっと一緒にいられるように、こうしようね」という提案がしやすい。

私も彼のためだけに生きている

私自身も、結婚してからは、彼のためだけに生きている。

「これが私の仕事なんだからしょうがないじゃん」なんて絶対に言うべきではないと思っているので(思いやりがないし、そもそもそんなのって、実際は能力の低い人の言い訳でしかないと思う。どうにもならない現実があるわけではなくて、自分がどうにかできないだけ)、彼が嫌な気持ちになるような仕事は、結婚前から徐々にセーブをするようにして、結婚を機に完全にシフトチェンジをした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mijincoHIY 「出世に必要だから」とキャバクラ通いする夫に、妻が完全論破! https://t.co/MNKRrk9Ui9 27日前 replyretweetfavorite

itukanoashita @sakushimu これだ。これはまったく理解できん。 https://t.co/r7qszF5Hsu 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

artificialsatel 彼には漫画の収集癖があり、実家の彼の部屋は、床が抜けるのではないかと思うほど、漫画だらけだったのだけど、結婚を機に漫画を買うことも禁止した。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ao8l22 私は相手が自分のことだけ見ている状態はすごく苦痛なのですごいなと思う / 他4コメント https://t.co/lnxSQFTXMi 約1ヶ月前 replyretweetfavorite