初めてプライベートの連絡先を教えたお客

獣医の高畑の家にいる時に、アキからの電話で仕事に行かないといけないことになり、気持ちが沈んだ百鳥ユウカさん(34)。ところが、お店に出たその日に出会ったお客は、どこか他のお客と違う独特な雰囲気を持った男性だったようです。

最初は小さなきっかけなのかもしれない。

芝居が開演するとき、ブザーが鳴って会場が暗転する。
これから始まりますよ、と教えてくれる一番ワクワクする瞬間だ。
でも、人生が変わるときは、多分そんなにわかりやすくない。ブザーなんて鳴らない。だから怖がりながら、少しずつ少しずつ進んで、怖気付いてまた戻る。本当の人生はそんなもんだ。ユウカは手痛い失敗をいくつも繰り返していたから、期待はあまりしたくない。でも、期待しないと前には進めない。
そわそわした気持ちがしばらく続いて、あれが変わり目だったのかもしれないと後から気づく。きっとそんなものだ。

アキからの電話を切ると、ユウカはひとつため息をついた。

「高畑さん、私、仕事に行くね」

「今から? カウンセラーなのに夜に出勤なの?」

「うん、相手がね、仕事終わりじゃないと都合がつかなくて」

「……そう」

それから高畑は送らせてほしいと強く言ってきたのだが、ユウカは断って歩いて帰った。

(高畑に送られるところをアキに見られたら、何を言われるかわからない)

アキに急かされて一緒に車に乗り込み、お店に向かった。車の中では、アキは竜平とのノロケ話をしてきたが、ユウカは大げさな感じで相槌を打った。すこし気落ちをしていることをアキには悟られなくなかったからだ。

お店に着くと、さっそくママが1番テーブルを指定してきた。

「ユウカ、どうしたの? 顔色悪いけど」

「ん? だいじょうぶ。ちょっと寝不足かな」

ママとは年齢も近いから他の女の子のいない所では敬語ぬきで話せるようになっていた。顧客管理の仕事も請け負っているから、ママとはよく話す。

彼女は32歳で他のお店でナンバー1だったのを引き抜かれて、この店のママになったそうだ。

最初、ユウカと会った時に、「私より年上なの? 見えないね。まだ28歳でも通るんじゃない?」と言われた。ユウカの年齢は34歳、ちょっと言い過ぎかと思ったけどママより年上なのもちょっと……ということで、ユウカの年齢はお店では便宜上28歳ということになっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jisama |菅沙絵|結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 ほほう。 https://t.co/JZnUwlBIcK 1年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 菅沙絵@sae20160325 https://t.co/GYd1RbhNZG がんね〜ん(笑) 最初は小さなきっかけなのかもしれない。 小さなきっかけがいっぱいあった今日という日は、 後… https://t.co/yWhGRwoctU 1年以上前 replyretweetfavorite