​なぜBABYMETALは世界をここまで熱狂させたのか

いまや世界で大人気のメタルダンスユニット・BABYMETAL。その熱狂を生み出すものは何なのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

なぜBABYMETALは世界を熱狂させたのか

 坂本九以来、53年ぶりの快挙──。

 2016年春、そんなニュースが世を賑わした。
 4月1日に世界同時リリースされたメタルダンスユニット・BABYMETALのセカンドアルバム『METAL RESISTANCE』が、米ビルボードのアルバムチャートで初登場39位を記録したのである。

 日本人アーティストのアルバムが同チャートのTOP40にランクインするのは、1963年に坂本九のアルバム『スキヤキ・アンド・アザー・ジャパニーズ・ヒッツ』が14位となって以来のことだ。

 イギリスでの反響はさらに大きかった。アルバムがリリースされた翌日の4月2日には、BABYMETALはロンドンのウェンブリー・アリーナで日本人初のワンマン公演を行っている。収容人数は1万2000人、これまでボブ・ディランやU2など数々の大物がライブを行ってきた場所だ。
 アリーナは超満員。ライブは大きな反響を呼び、アルバムは全英15位を記録。日本のアーティストとしては史上最高位となった。

 2013年1月に、BABYMETALはシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビューを果たしている。その時点でメンバー3人は目標に「世界征服」を掲げていたが、もちろん、最初は誰もそんなことは本気にしていなかった。冗談や絵空事だと受け止めていた。

 しかしそこから3年で、その言葉は現実のものとなりつつある。アメリカ、イギリス、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツなど、各地のフェスで数万人のファンを沸かせ、ワールドツアーも各地で盛況を呈している。

 なぜBABYMETALはここまで海外のファンを熱狂させたのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

独自の進化を遂げた「ニッポンの音楽」を丁寧にひもとく!

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

babymetalnews_ #BABYMETAL | なぜBABYMETALは世界をここまで熱狂させたのか - なぜBABYMETALは世界を熱狂させたのか https://t.co/tYY2ShPQUc https://t.co/sVgWSCPcR8 1年以上前 replyretweetfavorite

fleur_et_herb なぜBABYMETALは世界をここまで熱狂させたのか ヒットの崩壊 (講談社現代新書) 柴 那典 講談社 2016-11-16 https://t.co/zAUb7kEIS8 https://t.co/1kY9zbkvqm 1年以上前 replyretweetfavorite

iammeiden 「米英加墨仏独など各地のフェスで数万人のファンを沸かせ」とあるが雑誌ヘドバンによるとドイツでだけはスベったらしい。ドイツっぽくていい▶ 1年以上前 replyretweetfavorite

kentakakuwa 「カレーうどん」としての発想 1年以上前 replyretweetfavorite