日本の警察

第8回】血で血を洗う山口組抗争 その裏で蠢く警察の思惑

国内最大の指定暴力団山口組と、分裂後に発足した神戸山口組。その対立抗争が激化する中で、警察もまたさまざまな思惑を抱いて対峙する。暴力団と警察の動きを追った。

 2015年8月、山口組が分裂した。離脱した13人の直参組長は、すぐさま山健組・井上邦雄組長をトップとする神戸山口組を旗揚げし、二つの山口組は一触即発の緊張状態となった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本の警察

週刊ダイヤモンド

警察ドラマは、昔からテレビ番組の人気コンテンツ。しかし、脚色されていたり、設定があり得なかったりと実際とは大きく違う。そこで、警察の実態を徹底解説するとともに、警察が持つ“力”の源泉や“経済力”などを多角的に分析、本当の姿を余すところ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ours63527 こういうのを読んでると、ふとエスシリーズを思い出したりなんかして… 1年以上前 replyretweetfavorite