日本の警察

第6回】[捜査四課]トップらを軒並み逮捕 福岡県警の暴力団壊滅作戦

手りゅう弾や散弾銃、機関銃といったマフィア顔負けの凶器を隠し持ち、抵抗する者は一般市民でも平気で殺すという武闘派ぶり故、米国財務省から「ヤクザの中でも最も凶暴な団体」と指摘された暴力団が福岡県にある。

 その名は、特定危険指定暴力団「工藤會」。福岡県警は2014年9月、そのトップである野村悟総裁と、ナンバー2の田上不美夫会長を殺人容疑などで逮捕。その後もナンバー3、理事長代行、総本部長など執行部を立て続けに逮捕した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本の警察

週刊ダイヤモンド

警察ドラマは、昔からテレビ番組の人気コンテンツ。しかし、脚色されていたり、設定があり得なかったりと実際とは大きく違う。そこで、警察の実態を徹底解説するとともに、警察が持つ“力”の源泉や“経済力”などを多角的に分析、本当の姿を余すところ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません