大瀧詠一の「分母分子論」とカバーブームの源流

カバーブームの源流をたどると、たしかに仕掛け人がいました。それはまた、大瀧詠一が論じた「分母分子論」の実践でもあったのです。音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

大瀧詠一の「分母分子論」

 川原伸司とカバーブームの源流については、もう一つ、興味深い話がある。

 それが、1982年にリリースされた金沢明子「イエロー・サブマリン音頭」を巡る話だ。ビートルズの名曲を音頭調にアレンジして民謡歌手の金沢明子が歌い、大きな話題を呼んだこの曲。当時は賛否両論を呼んだが、ポール・マッカートニー自身も高く評価するなど現在は広く認められたカバーとなっている。

(PHOTO: Getty Images)The Beatles

 この曲のプロデュースを手掛けたのが大瀧詠一だ。そしてディレクターをつとめたのが、やはり川原伸司だった。ビートルズの楽曲を音頭にするというアイデア自体も、もともとは川原の発案によるものだったという。

 そして「イエロー・サブマリン音頭」が発表された翌年の1983年、大瀧詠一は雑誌『FMfan』(共同通信社)に「分母分子論」という自説を発表する。音楽評論家の相倉久人との対談によって語られたのは、日本のポピュラー音楽の成り立ちを「世界史分の日本史」という言葉で表現する論だ。

相倉 (中略)これだけサウンドが浸透しても、日本人の感性では、やっぱりバック・サウンドとボーカルが別な扱いでしょ。
大滝 近づきましたね。今日のテーマの、世界史分の日本史っていうのは、そこなんですよ。サウンドはいつも輸入で、ここがいつも変化してくる。で、そこに日本語がのっかるというのがひとつの形になってますね。(『文藝別冊 増補新版 大瀧詠一』河出書房新社)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

小室哲哉、水野良樹らが語る「音楽の未来」とは?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shiba710 『ヒットの崩壊』cakes公開分の最新回は、カバーブームの源流と「イエロー・サブマリン音頭」と大滝詠一「分子分母論」を巡る話です。 https://t.co/2ALZbFKegY 2ヶ月前 replyretweetfavorite

k_sato_oo "明治以来、日本のポピュラー音楽は洋楽のサウンド(=世界史)をベースに発展してきた。そこに日本語の歌詞とメロディ(=日本史)を折衷させてきた" 2ヶ月前 replyretweetfavorite

yasuhiko_tanaka *柴那典さん| 2ヶ月前 replyretweetfavorite