カバーブーム「本当の仕掛け人」は誰だったのか?

徳永英明、JUJU、May J.、平井堅、コブクロ、クリス・ハート、堂本剛、渋谷すばる、BENI…2000年代以降、カバーアルバムが数々リリースされています。この一大ブームはいつから始まり、誰が仕掛けたものだったのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

なぜカバーブームが起こったか

 アーティストの意識だけの話ではない。

 00年代から10年代は、日本の音楽業界全体の潮流においても、歌謡曲からJ-POPへと脈々と積み重ねられてきた自国のポピュラー音楽の魅力を再発見しようという気運が高まった時代である。

 その象徴が「カバーブーム」と呼ばれる現象だ。

 00年代以降、毎年数々のカバーアルバムがリリースされている。その盛況は長く続き、もはやブームという言葉が当てはまらないほどの定着を見せている。

 「カバーブームの立役者」と呼ばれる徳永英明や「カバーの女王」と称されるJUJU以外にも、May J.、平井堅、コブクロ、クリス・ハート、倖田來未、堂本剛、柴咲コウ、渋谷すばる、BENI、華原朋美など、様々なシンガーが邦楽カバーを手掛けたアルバムを発表している。

(PHOTO: Getty Images)カバーの女王・JUJU

 こうしたアルバムでカバーの対象に選ばれるのは、いわゆる「名曲」と言われるような、長く愛され続けるタイプの曲たちだ。坂本九「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」は、もはやスタンダードナンバーと言っていいほど多くのアーティストに歌われている。
 他にも、喜納昌吉&チャンプルーズ「花〜すべての人の心に花を〜」や美空ひばり「川の流れのように」、森山良子「涙そうそう」なども多くカバーされている。

 昭和時代の歌謡曲だけでなく、90年代のヒット曲も多い。THE BOOM「島唄」、ドリームズ・カム・トゥルー「LOVE LOVE LOVE」、スピッツ「チェリー」、宇多田ヒカル「First Love」などが定番だ。高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」も多くのアーティストに歌われている。

 では、なぜこれらのカバーブームが起こったのだろうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

あらゆるエンタメ業界の一歩先を行く音楽の未来!

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hasmi_t Paul Wilsonこと平井夏美こと羽佐間健二ことDr. Riverbeach!!(“こと”になったない。) → 1年以上前 replyretweetfavorite

k_sato_oo 「ヒットの崩壊」最新記事。徳永英明、JUJU、May J.、平井堅、コブクロ、クリス・ハート、堂本剛、渋谷すばる、BENI…ブームの源流にいる人とは? 1年以上前 replyretweetfavorite