第7回】『嫌われる勇気』特別編 -1-

アドラー心理学の基本を押さえた後は、いよいよ実践のときだ。岸見氏&古賀氏による『嫌われる勇気』特別書き下ろし、岸見氏による公開カウンセリングや体験記など、実践の際に役立ててほしい。

 日本における「アドラーブーム」の火付け役となった『嫌われる勇気』は、「こんな考え方があったのか」という驚きを与える一方で、「やっぱりそうだったんだ」という共感も呼び、135万部を超える大ベストセラーとなった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
今こそ!「嫌われる勇気」 初めてのアドラー心理学

週刊ダイヤモンド

1900年代初頭、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」(いわゆるアドラー心理学)が、100年の時を超えていま、日本や韓国で脚光を浴びている。国境を越えて人びとを魅了するアドラー心理学とは、一体何なのか。ブームの火付け役となっ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hissyo より多くの人にとって身近な題材の特別編!楽しみすぎる。 3年弱前 replyretweetfavorite