それでも僕は、外科医をやめない

真面目だから結婚できない」は傲慢か?

年が明けても落ち着くということはなく、年末のそわそわ感がそのまま一緒に年を越したようなこの頃。そんな中、雨月氏は気のおけない旧知の仲間たちと食事を行きました。雨月氏が結婚しない理由について、友人たちの意見に耳を傾けてみましょう。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

時候は大寒を迎え、東京でもときおり雪がちらつくなど寒さが本格化しています。先日、30階のレストランで食事をしていたら窓の外は雪に。でも食事を終えて地上に降りると、雪は全く降っていなかったのです。そんなこともあるんですね。上空は気温が低いので、上空だけ雪ということもあるみたいです。天上人だけが楽しむ雪の舞。なんとも優雅な。

ちょっと前のことです。私はいつものように日中の手術を終えると、いそいそと築地に向かいました。築地と言えば築地市場で有名ですね。今は特に市場を移転するかどうかで大モメしているので、都内にお住みでない方も耳にしたことはあるでしょう。ここは「場内」、つまり市場の中に寿司屋が並んでいたり、「場外」、つまり市場の外にもいろんなお店が並んでいます。私はたまにこの「場外」の飲み屋さんに行くのですが、これがまた旨い。もう異常と言っていいほど旨いのです。

場外のそのお店に行くと、そこですでに飲んでいたのは数人の男女の友人たち。

「遅いよ雨月」

「悪い悪い」

挨拶を交わし、生ビールで乾杯します。寒い中を歩いてきたこの冷え切った体に、湯気が立ち上る暖かい店内で、ジョッキの周りがまだ凍っているつめたい生ビールを飲むのは本当に美味しいですね。いや、そんなことはないよと言うあなたは、猛暑のうだるような暑い日に、ガンガンにクーラー16度で冷やしたビルの一室で、激熱の大量七味入り鍋焼きうどんをふーふーながら食べる方がお好きでしょうか。いや、マイナス20度の旭川の冬に、床暖房とストーヴで汗をかくほど暖かい部屋でかちかちに凍ったガリガリ君を……って、もういいですか。

それはともかく、乾杯をし、わいわいと豊かな時間がテーブルの上を流れるといつしかみんなの話題は恋愛談義に。そのメンバーはみなアラサーなのですがお互いが恋愛関係になったことはなく、それぞれが余所で彼氏や彼女を作っているという不思議な会なのです。そして、お互いを恋愛対象としては全く見ていないからか、かなり本音の恋愛トークになることも多々。

その日話していたのは、「結婚」について。もはや私の専門とも言えるこの結婚(ができない)話ですが、そのメンバーにはバツイチが一人いるだけであとは結婚経験がない男女でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

limily21 雨月さんのコラム、ほんと好き。ケイクスのコラム好き。 3年弱前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 真面目・傲慢・リスクテイク。この3つと結婚を絡め出したら、何も進まなそう(苦笑) 3年弱前 replyretweetfavorite

cucciolo_rs16 結婚の条件とは? https://t.co/71iHFcLuCX 3年弱前 replyretweetfavorite

SiouxsieQ5 |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 傲慢な気がする。 https://t.co/0QoV62tGCh 3年弱前 replyretweetfavorite