自信満々の人がやることなんてつまらない

絆という言葉がもてはやされている通り、現代社会は他者との繋がりをことさらに推奨します。一方で「孤独」は忌み嫌うべきものとして遠ざけられています。でも人は孤独から逃れることはできません。いっそのこと孤独を味方につけてみませんか。
大学受験の失敗を機に、以後十五年間、実家で引きこもり生活を送った田中慎弥さん。そのなかで悟った孤独の効用とは。芥川賞作家が語る、自分を取り戻すための人生論。
大反響の書籍『孤独論~逃げよ、生きよ~』を特別掲載いたします。


臆病になりながら進め

 三十半ばを迎え、四十歳になるころには、厄介なことが増えてきます。

 まず体力の衰え。駅の階段を昇るだけで息が切れる。油断して酒を飲みすぎると翌日ひどい目にあう。

 精神面にもかつてほどの高揚は望むべくもない。好奇心が薄れ、集中力が減退する。加えて、親の介護であったり、親戚の借金であったり、部下からの突き上げであったり、次々に受難を被るものだから、疲れるし、感情も乏しくなる。

 まあ、いろいろ思いどおりにいかなくなるわけです。

 そんな曲がり角にもかかわらず夢を語れば、風当たりは冷たいものでしょう。馬鹿だの、身の程知らずだの、言われるかもしれない。本人が描く夢なんて、他人からすれば鬱陶しいだけですから。

 でも、見方を変えれば、そこからの新たな再出発は、周りを出し抜くのだから、そのぶんチャンスも膨らむというものです。とはいえ、不安だろうと思います。それでかまわない。臆病風に吹かれてください。

 わたしも三十三歳で作家としての仕事を得るまで、ずいぶん臆病でした。

 新人賞を取って、作家の入口に立つまでは「小説家になれたらいいけど、どうだろう、無理かな、どうかな、いや無理だよな」と思いながら、毎日原稿用紙と向き合っていました。

 現実を前に竦み、その陰で小説を書き続けていたようなもので、我ながら、せこいというか、情けない振る舞いですが、でも、自分のやりたい道に挑戦するには、それなりの不安が伴うのが当然です。

 臆病になっても、継続さえできていればいい。肝心なのは、継続と、その先にある実現なのですから、あえて不安を払拭しようとする必要はどこにもないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「逃げる」は負けではない。自分を取り戻す究極の手立てだ。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。

この連載について

初回を読む
孤独論~逃げよ、生きよ~

田中慎弥

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっている。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫だろうか。自分の人生を失ってはいないだろうか。もし苦しい毎日を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

angora_ @liocaoli 逃げよ、生きよ… https://t.co/jnAX2rgYPk 3年以上前 replyretweetfavorite

hanamasa0201 不安なのは当たり前。受け入れよう。ただ進んでいき祭すればいい。実感のこもってる優しい言葉なぁ。 3年以上前 replyretweetfavorite