仲間外れにされたあなたはラッキーです

絆という言葉がもてはやされている通り、現代社会は他者との繋がりをことさらに推奨します。一方で「孤独」は忌み嫌うべきものとして遠ざけられています。でも人は孤独から逃れることはできません。いっそのこと孤独を味方につけてみませんか。
大学受験の失敗を機に、以後十五年間、実家で引きこもり生活を送った田中慎弥さん。そのなかで悟った孤独の効用とは。芥川賞作家が語る、自分を取り戻すための人生論。
大反響の書籍『孤独論~逃げよ、生きよ~』を特別掲載いたします。

 いまを生きる人が、もっとも言われたくない言葉のひとつは「孤独だね」というものでしょう。

 幼いころから友だちをたくさんつくることを推奨され、仲間外れにならないように気を遣い、社会人になってからもSNSで交流する人数を増やそうと努めて、携帯端末の履歴をいつも気にかける。懸命に人とつながっていようとする。

 わたしに言わせれば、それらはすべて、だれもが抱えているはずの孤独を隠すため、もしくは紛らわすための行動にすぎない。

 孤独であることをもっとも実感してしまうのは、時間を持て余したときでしょう。だから勢い、常に有効な時間を過ごしているように、無意識に見せかけようとする。空白の時間を埋めようとする。

 なぜ「孤独」は嫌われ、遠ざけられるべきものとしてあつかわれるのでしょうか。

孤独は解消できない

 だれかと一緒にいても、みずからの心の内をよくよく覗き込めば、そこには孤独が拡がっているものです。それが恋人だろうと夫婦だろうと家族だろうと、どんなにくつろげる相手といたところで、根本的に孤独は解消できない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
孤独論~逃げよ、生きよ~

田中慎弥

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっている。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫だろうか。自分の人生を失ってはいないだろうか。もし苦しい毎日を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MichikoKameishi 「独りになり、陰口をささやかれ、後ろ指を指されようとも、気に病むべきではない。むしろ同調圧力から解放されて、自分を顧みる機会を得たのだから、喜んでいいくらいです。」田中慎弥| 2年弱前 replyretweetfavorite

reading_photo 「孤独であってはならない」圧力、強いですよね。田中慎弥『 2年以上前 replyretweetfavorite

chonkoi 田中慎弥著『孤独論〜 逃げよ、生きよ〜』購入。 今夜から読む。 https://t.co/xfW9z837Md 2年以上前 replyretweetfavorite

nishinojunji 「ハブられたあなたが行き場を失ったように感じたとしたら、それは錯覚です。」 https://t.co/jBM4EcpHl5 2年以上前 replyretweetfavorite