手っ取り早くやろうとすればするほど、生きづらくなる

わたしたちはインターネットを通じて日々多くの情報に触れています。それは大いなる恩恵であると同時に、深入りすると翻弄されてしまう、諸刃の剣です。現代人が感じる「生きづらさ」とインターネットには密接な関係がありそうです。
大学受験の失敗を機に、以後十五年間、実家で引きこもり生活を送った田中慎弥さん。そのなかで悟った孤独の効用とは。芥川賞作家が語る、自分を取り戻すための人生論。
書籍『孤独論~逃げよ、生きよ~』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

 わたしはいまや、絶滅危惧種です。どんな種か。「手書き作家」という名のそれです。

 小説家の多くはパソコンのキーボードで文字を打ち込んでいますが、わたしの場合、四百字詰め原稿用紙に鉛筆で書きつけています。

 かつて小説家は皆、手書きでした。それがワープロに代わり、現在ではパソコンのワープロソフトを用いるのが主流、というか常識です。

 先人の顰にならって、というのではなく、ただなんとなく、わたしは手書きでやっているのですが、別段不便も感じず、これからも絶滅危惧種でありつづけると思います。文字を刻み込むような実感、身体を使って言葉を産み落とすような感覚がむしろ、小説を書くうえで自分にはしっくりくるようです。

 ですから、書斎にはさしずめ鉛筆と原稿用紙、ファックスつき固定電話、あとは辞書があれば充分。もちろんパソコンはありません。パソコンにとどまらず、デジタル端末のたぐいもない。携帯電話やスマートフォンも持っていないし、電子メールなどあつかったこともない。年に一度か二度、おそるおそるインターネットに触れてみることはあります、もちろんだれかに教わりながらですが。

 そうした姿勢は現代の日本で暮らし、仕事をする人間としてどうかとも思うのですが、でも一方で、常にどこかでだれかとつながっていようとする人の振る舞い、心理が不思議に見えることもままある。

情報の奴隷

 いまはインターネットで日常生活に必要なたいていの情報は抽出できます。非常に便利ですから、大多数の人はインターネットに頼りきっていますし、それは依存と呼んでも差し支えない程度になっている。遮断されれば生活に重大な影響をおよぼすでしょう。

 インターネットにそこまで支配されては、あなたが真に欲しいものを、目指すべきところを正確に把握するのは不可能です。なにせ自分を見失っているのですから。

 たとえば、ある目的地にたどりつくためのルートを知るうえで、インターネットは非常に役立ちます。そういう機能はどんどん活用したほうがいい。むやみに利便性を排除する必要はどこにもないとわたしも思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「逃げる」は負けではない。自分を取り戻す究極の手立てだ。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。

この連載について

初回を読む
孤独論~逃げよ、生きよ~

田中慎弥

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっている。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫だろうか。自分の人生を失ってはいないだろうか。もし苦しい毎日を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ShinShin252825 https://t.co/1PrxAtQZaE 3年弱前 replyretweetfavorite

sudpart77 「インターネットにそこまで支配されては、あなたが真に欲しいものを、目指すべきところを正確に把握するのは不可能です。なにせ自分を見失っているのですから。」→ 3年弱前 replyretweetfavorite

azusa_sato11 田中慎弥さん、素敵だなあ。 https://t.co/ynJ9DPbkfG 3年弱前 replyretweetfavorite

toronei 田中慎弥の年齢でこの感覚はあかんやろ。 3年弱前 replyretweetfavorite