現実離れした「夢」をあなどるな

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっています。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫ですか?自分の人生を失ってはいませんか?
大学受験の失敗を機に、以後十五年間、実家で引きこもり生活を送った田中慎弥さん。そのなかで悟った孤独の効用とは。芥川賞作家が語る、自分を取り戻すための人生論。
書籍『孤独論~逃げよ、生きよ~』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

かつての夢から視野を拡げる

 かつて抱いていた夢を棚卸しし、現状と照らし合わせてみる。すると、やっぱり夢は夢だ、これは現在の自分にはつながらない、そう愕然とするかもしれません。

 その代表格は、野球やサッカーなどのプロスポーツ選手でしょう。三十代でその夢を実現させることはたしかに不可能です。

 でも、そこでもう少し視野を拡げてみる。野球やサッカーに関する仕事ということだったらどうか。可能性はあるのではないでしょうか。プロスポーツの世界では、選手という立場以外にも、審判、球団の職員、球場のスタッフ、マスコミ関係者などなど、取り巻く仕事はたくさんあります。

 野球もサッカーも、競技として洗練されていて、世界を股にかける巨大なエンターテインメントに発展しています。多くの人々が魅了されるのも当然だと思います。純粋に観戦を楽しむのもいいですが、一歩先に進めて、そこまで好きなら仕事にしようと考えてもいいのではないですか。選手にはなれないけれど、その巨大エンターテインメントに関連した仕事を目指してみてはどうでしょう。

 実際に就いたら就いたで、もちろんファンとして楽しんでいたときには想像もつかなかった苦労や軋轢が、山ほどあるに違いありません。でも、それはあなたにとってマイナスにはなりえない。自分の好きな道に仕事でかかわることのストイックさは、奴隷の対極にあります。

 鍛えぬかれた、いってみれば超人的なプロアスリートを応援するのは、最高の娯楽だと思います。反発を恐れず言えば、応援する側は楽だし、傷つくこともないわけです。エンターテインメントたるゆえんです。

 でも、もしもあなたがその競技を本当に好きなら、もっと切実にかかわろうとしてもいいのではないでしょうか。反発承知でもうひとつ言うなら、他人を応援して満足している場合なのですか。他人がメシを食っている姿を横で眺めていて、果たして自分の腹が太るのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「逃げる」は負けではない。自分を取り戻す究極の手立てだ。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。

この連載について

初回を読む
孤独論~逃げよ、生きよ~

田中慎弥

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっている。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫だろうか。自分の人生を失ってはいないだろうか。もし苦しい毎日を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a6k3_e 普通に良いこと言っていた。完全にすき。 4年弱前 replyretweetfavorite

hanamasa0201 夢に向き合って、頑張る経験自体が大事ってことだよなぁ。 4年弱前 replyretweetfavorite

hanae_kiryuin 「応援する側は楽だし、傷つくこともない」…ごもっともです。 夢に近づくルートは一本ではないのです。 4年弱前 replyretweetfavorite

yukiooo_00 夢のある人に。 https://t.co/BbWv0rqtRS 4年弱前 replyretweetfavorite