引きこもりは、生きるための立派な手段

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっています。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫ですか?自分の人生を失ってはいませんか?
大学受験の失敗を機に、以後十五年間、実家で引きこもり生活を送った田中慎弥さん。そのなかで悟った孤独の効用とは。芥川賞作家が語る、自分を取り戻すための人生論。
書籍『孤独論~逃げよ、生きよ~』を、発売に先駆け特別先行掲載いたします。

いまいる場所から逃げろ

 人間は慣れる生き物だし、環境への適応能力もきわめて高い。だからそもそも現状肯定に走りやすく、それは容易に思考停止してしまうこととイコールです。

「まあいいか、不満はあるけども、なんとか今日はやり過ごせたのだし、明日もなんとかなるだろう」などとうやむやにしてしまいがちなのはそのためですが、長い目で見て本当にそれでいいですか? あなたの人生であるようでいてあなたの人生ではない。そんな生き方がいいわけない。

 とはいえ、あなたが奴隷の状態にあると気づいたとして、そこからどうすればいいのか。どうにもならないなら、問題を直視せずにおいたほうが、ひょっとして精神衛生上まだましかもしれません。

 でも、奴隷状態を克服して脱したいと願うのであれば、それを叶えることは可能です。

 やるべきことはひとつ。いまいる場所から逃げることです。

 意地やプライドは余計な荷物だということを自覚してください。そんなものはどうでもいい。無様な姿をさらすのと引き換えに逃げられるのですから、安いものです。無責任のそしりを受けるのなら、それも言わせておけばいい。

 そんなことより、自分の命を守り、生き方を取り戻すほうがはるかに重要です。とにかく、よからぬ状況から逃げ出します。

 ここでは、精神的に逃げるなどといった、抽象的なことを指しているのではありません。実際に、逃げる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「逃げる」は負けではない。自分を取り戻す究極の手立てだ。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。

この連載について

初回を読む
孤独論~逃げよ、生きよ~

田中慎弥

仕事、学業、人間関係、因習、しがらみなどによって、現代を生きる多くの人は「奴隷」になっている。「奴隷」とは有形無形の外圧によって思考停止に立たされた人のこと。あなたは大丈夫だろうか。自分の人生を失ってはいないだろうか。もし苦しい毎日を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akiramorita 「やるべきことはひとつ。いまいる場所から逃げること」—当たり前ながら、いい言葉。 @ 3年以上前 replyretweetfavorite

hunnhunn48  田中慎弥 『 3年以上前 replyretweetfavorite

hanamasa0201 逃げないと見えないこと多いもんなぁ。 3年以上前 replyretweetfavorite

gusuko_midori 逃げまくっているし死にたくない私は、自分自身の奴隷。 3年以上前 replyretweetfavorite