しぶとく生き抜く冬野菜のくたくたスープ

今回は、いまが旬まっ盛りの野菜、ほうれんそうをくたくたに煮込んだスープです。冬のほうれんそうは寒さによって甘みが増し、うまみだけでなく栄養価も高くなるのだそうです。オリーブオイルの選び方、他の具材を使ったアレンジレシピもご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

形も色もなくなるまで煮た、ほうれんそうの深い味わい。

今回の主役は、ほうれんそうです。冬になると甘みもうまみも増す冬の葉物野菜はポテンシャルが高く、ただ茹でておひたしにするだけでもおいしいもの。

そんなほうれんそうを、くたくたになるまで煮込んでスープにします。色が悪くなるなんてお構いなし。最低でも20分は煮込んで、オイルと青菜の混然一体としたおいしさを楽しんでください。

すべての材料を鍋に詰め込んでオリーブオイルをかけまわし、火にかけるだけというシンプルな作り方ながら、寒い冬を我慢づよく耐え忍ぶ葉野菜の底力を感じられます。薄切りのトーストとワインなど添えて、寒い冬の休日ランチなどにいかがでしょうか。

くたくたほうれんそうのスープ

材料(2人分) 
所要時間 約25~30分

ほうれんそう 1把(約200g)
じゃがいも 中1個
たまねぎ 1/2個
にんにく 1片
オリーブオイル 70mL
塩・胡椒 適量
水 4~500mL

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shour_d4 ちぢみほうれん草がコンビニのご近所野菜コーナーに出るようになりました。このスープの季節到来ですよ https://t.co/vEgOuUBBFh 6日前 replyretweetfavorite

mitsuparabbit で、今日はこちらにしました。何度も作っておりますけど、煮てる時の香りもよいというか → 22日前 replyretweetfavorite

Akiko0709 今年本当に野菜安いみたい…初物のちぢみほうれんそうが98円(昨年底値198円)、今夜はくたくたスープをベースに鶏肉と牛乳足してシチューにする。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

caracolcaracole 前教えてもらったこのスープ作ってみた!おいしかった!!ほうれん草が安いうちにまた作ろう。 https://t.co/j96y9Lc1cz 10ヶ月前 replyretweetfavorite