はっぴいえんど『風街ろまん』が日本のロックの源流となった理由

日本におけるロックの最重要作、はっぴいえんど『風街ろまん』。なぜここまで大きな影響力を持ち続けているのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

『風街ろまん』が日本のロックの起点になった

 歌謡曲や演歌も含めた戦後の大衆音楽全般ではなく、あくまで今の日本のロックやポップス、つまりニューミュージックを経て定着した90年代以降のJ-POPについて考えるならば、その原点は70年代初頭の数年間にあったと言える。
 山下達郎や松任谷由実など、今も第一線で活躍する数々のアーティストがこの頃に登場している。

 なかでも最重要作とされているのが、はっぴいえんどのセカンドアルバム『風街ろまん』だ。1969年に大瀧詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂の4人によって結成され、1970年にデビューを果たしたバンドは、翌1971年に本作をリリースし、その評価を決定的なものにした。

 「このアルバムは、はっぴいえんどの最高傑作であるばかりでなく、70年代の日本のロックを代表する最重要作品であり、音楽史上に残る名盤です」と佐々木敦は『ニッポンの音楽』の中で同作を評する。同様の評は多い。

 作家・川﨑大助が著した『日本のロック名盤ベスト100』(講談社)では『風街ろまん』を1位に選び「およそ日本語でロック音楽を作る者で、本作にて実用化されたアイデアから無縁の者はひとりもいない。自動車で言えばT型フォード、日本のロックはここから始まった」と評している。

 音楽評論家・萩原健太は『70年代シティ・ポップ・クロニクル』(Pヴァイン)の中で、70年代初頭の数年間の音楽シーンの動きがその後の日本のポップスの起点になり、中でも『風街ろまん』が時代を先導する大きな役割を果たしたと論じている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

激変する音楽業界、「国民的ヒット曲」はもう生まれないのか?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

1R0NA https://t.co/yBcUK81vFD 1年以上前 replyretweetfavorite

nodasori2525 https://t.co/TE757zeuZO 1年以上前 replyretweetfavorite

saro363 “ロックを日本語でやることは可能か?”この感覚がわからんよなぁ…当たり前になりすぎたからだろうけど。大友の凹むコンクリの表現とかと同じか 1年以上前 replyretweetfavorite