鶴瓶のスケベ学

ビートたけしに罵倒され蹴られても「ウフフフフ」と笑う鶴瓶

東京での地位を固めた90年代、鶴瓶さんはしだいに「いつも笑顔の落ち着いたおじさん」として認識されるようになりました。温厚なイメージに隠されていた狂気は、しかし、ある番組でついに爆発します。その背景にはビートたけしさんの存在がありました。
芸歴40年を超える大御所芸人、笑福亭鶴瓶。還暦を過ぎた今も、若手にツッコまれ、イジられ、“笑われ”続けています。そんな鶴瓶さんの過剰なまでに「スケベ」な生き様へ迫る、てれびのスキマさん評伝コラムです。

「このクソデブ!」

ビートたけしは、笑福亭鶴瓶の背後からお尻を蹴り倒した。鶴瓶は勢い良く、綺麗に刈り込まれた植木に身体ごと飛び込んだ。 そんな2人を止めようとしているのが、今田耕司と東野幸治。 4人ともが11月の寒空の下、上半身裸でブリーフ一丁である。

テレビの中でもがいていた鶴瓶

1997年11月8日にテレビ朝日で放送された特別番組『27時間ぶちぬきスペシャル 熱血チャレンジ宣言'97』の中で結成された、いまや伝説とされるユニット「ブリーフ4」だ。その名の通り、ブリーフ一丁で街の様々なところに出没し、やりたい放題の限りを尽くした。
中でも究極だったのが、丹波哲郎邸を訪れたときだ。鶴瓶は前のロケ地である寿司屋で酒を飲み過ぎ泥酔していた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakes連載を全面修正・加筆した、スケベで奥深い人生哲学が一冊になりました。

笑福亭鶴瓶論 (新潮新書)

戸部田誠(てれびのスキマ)
新潮社
2017-08-10

この連載について

初回を読む
鶴瓶のスケベ学

てれびのスキマ(戸部田誠)

芸歴40年を超える大御所芸人、笑福亭鶴瓶。還暦を過ぎた今も、若手にツッコまれ、イジられ、“笑われ”続けています。しかし、落語家なのにアフロヘアでデビュー、吉本と松竹の共演NGを破った明石家さんまさんとの交流、抗議を込めて生放送で股間を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maruhido このクソデブ!!おめえなんかしんじまえ!! https://t.co/g0gNzimtwO @YouTubeさんから 2年弱前 replyretweetfavorite

u5u 「cakes」連載の「鶴瓶のスケベ学」更新しました!今回は鶴瓶とたけしとの関係。あの伝説の「ブリーフ4」や東京進出にまつわる因縁など! 2年弱前 replyretweetfavorite

yukihgs 「どうやったらたけし兄やんに勝てるんやろうって考えたら、もううんこするしかないやろ?」 2年弱前 replyretweetfavorite