海外との関係なしに「J-POP」は語れない

日本の大衆音楽は、海外からの影響や洋楽への憧れをもとに発展してきました。実は演歌でさえそうなのです。
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

ニッポンの音楽の「内」と「外」

 批評家の佐々木敦は著書『ニッポンの音楽』(講談社)の中で、J-POPという言葉に倒錯した関係性を見出している。

J-WAVEが作った「Jポップ」という言葉は、『Jポップとは何か』を読む限り、単に「ジャパニーズ(もしくはジャパン)・ポップス」の略称にすぎません。もう一度日本語に戻せば「日本の大衆音楽」ということになります。J-WAVEは、れっきとした日本の放送局でありながら、基本的に洋楽しか流さず、DJは英語を喋っているという特殊なラジオ局です。そこから聞こえてくる日本の音楽は「邦楽」や「歌謡曲」であってはならなかった。そこでこしらえられたのが「Jポップ」です。この命名、言い換えは、それ自体、極めて「日本」的なものだと筆者には思えます。 (佐々木敦『ニッポンの音楽』講談社)

 なぜ佐々木はこの言い換えを「極めて『日本』的」と捉えたのか。それは、日本の大衆音楽そのものが海外からの影響や洋楽への憧れをもとに発展してきた、すなわち「内」と「外」との関係性の構図の中で生まれてきたというのが同書の主題だからだ。

 その源流は、「J-POP」という言葉が生まれるはるか前、終戦時にまで遡ることができる。

 田家秀樹『読むJ‐POP―1945‐2004』(朝日新聞社)や、マイケル・ボーダッシュ『さよならアメリカ、さよならニッポン─戦後、日本人はどのようにして独自のポピュラー音楽を成立させたか』(白夜書房)では、日本のヒット曲の原点を、1947年、戦後まもない頃に生まれた笠置シヅ子「東京ブギウギ」に位置づけている。

 この曲の作曲は服部良一。「日本のポップスの父」とも言われる人物だ。当時モダンな音楽スタイルだったジャズを意欲的に歌謡曲の世界に取り入れた服部について、田家はこのように評する。

服部良一が〝ポップスの父〟と呼ばれる理由はいくつかある。その第一が「東京ブギウギ」に始まる、8ビートのヒット曲の生みの親だったということ。そして、第二は、彼が戦時中でもジャズやブギウギという〝洋楽〟を書き続けていたことだ。彼は一曲も〝軍歌〟を書かなかったのである。(田家秀樹『読む読むJ‐POP―1945‐2004』朝日新聞社)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

J-POPの成り立ち、ヒットの方程式を解き明かす!

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k_sato_oo "レコード歌謡は、「舶来」の新文化として日本にもたらされたのであり、「日本的」とされる要素は、外来の音楽要素が定着する過程で後から付加されています(『創られた「日本の心」神話』" 1年以上前 replyretweetfavorite