笑いのカイブツ

MOROHAアフロ「修羅は望んでる奴にだけ続く」

ツチヤタカユキさんが小説を書くために、ノートの最初のページに、書いた言葉は、『VS MOROHA』という言葉でした。仮想敵にしてきたという異才のヒップホップユニットMOROHA。そのラッパーであるアフロさんに『笑いのカイブツ』の感想をいただきました。アフロさんへのツチヤさんのお手紙を併せて掲載します。
自分が死ぬべき最高のタイミングを逃した男・ツチヤタカユキさんの、心臓をぶっ叩く青春私小説『笑いのカイブツ』の2月16日の刊行を記念して、笑いのカイブツ、番外編をお届けします。

MOROHAアフロ → ツチヤタカユキ

「お前の言ってる事はわかるよ。けどさ・・・」

そう口から漏れたのだけど
「けどさ・・・」
に続いて浮かんだ言葉の不潔さに、下らなさに、気持ち悪さに、鳥肌が立ちました。

ツチヤ、てめぇ、一発入れてくれたな。

こういう奴がいるせいで俺もまだまだ、ぶった斬り続けなきゃいけない。
修羅は望んでる奴にだけ続く。


MOROHA アフロ


ツチヤタカユキ → MOROHA

拝啓 MOROHA様へ


はじめてMOROHAさんを見たのは、
死んでるように生きていた頃でした。

つけっぱなしにしていたテレビでやっていたのは、千原ジュニアさんの音楽番組。
曽我部恵一さんのオススメのアーティストとして、現われた、お二人。

『三文銭』の演奏がはじまった瞬間。
テレビの中から、デカイ腕が伸びてきて、
襟首を掴まれ、顔面を思いっきり、しばかれたような感覚になりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
笑いのカイブツ

ツチヤタカユキ

他を圧倒する量と質、そして「人間関係不得意」で知られる伝説のハガキ職人・ツチヤタカユキさん、二七歳、童貞、無職。その孤独にして熱狂的な笑いへの道ゆきが、いま紐解かれます。人間であることをはみ出してしまった「カイブツ」はどこへ行くのでし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

c___v 熱い🔥🔥🔥 11ヶ月前 replyretweetfavorite

MOROHA_AFRO 「笑いのカイブツ」という本にコメントを書きました。 業界を越えても抱き締めたい奴はいっぱいいます。 https://t.co/UlB832Mfzp 2年以上前 replyretweetfavorite

MOROHA_bot https://t.co/pdPYPG4Ole 2年以上前 replyretweetfavorite

234dh4 こういう感じのやつ憧れるなー 2年以上前 replyretweetfavorite